logo
お役立ち資料
新規CTA

整体師に求められる資格は?取得にかかる費用の目安や難易度をご紹介

整体師を目指す方が最初に気になることといえば、整体師になるためにどんな資格が必要なのか、また資格取得にかかる費用や難易度ではないでしょうか。

本記事では整体師の仕事内容から必要な資格、取得にかかる費用の目安、難易度などについてご紹介します。「整体師になりたいけれど、何をしたらいいのかわからない」という方はぜひ参考にしてみてください。

整体師とは

整体師は患者さんの骨格や関節などの歪みを矯正し、健康保持のサポートをする職業です。薬品類や医療機器は使わず、押す・揉む・擦るなどの手法を用いて施術を行います。

整体師の主な仕事は「整体施術」と「アフターフォロー」の2つです。整体施術では患者さんが訴える身体に不調に応じて骨のズレを直したり、筋肉のコリをほぐしたりしながら、血流を改善して身体の調子を整えます。

施術後は健康維持のためのアフターフォローを行います。普段の姿勢や食習慣といった、日常生活を送る上で気を付けたいポイントや、自宅で簡単にできるストレッチなど、患者さん1人1人に合わせたアドバイスを行うのも整体師の大切な仕事です。

整体師ができる施術

整体師が行えるのは病気やケガの治療を目的としない施術のみです。代表的な例としては、全身矯正が挙げられます。全身矯正は筋肉のコリをほぐし、全身の骨格を調整する施術です。多くの整体院で行われている施術で、全身の血流・リンパ改善や筋肉疲労の軽減などが見込めます。

全身矯正以外の施術としては、もみほぐしやカイロプラクティックも行うことが可能です。もみほぐしは文字通り、筋肉をほぐすような施術を指し、カイロプラクティックは解剖学に基づいて骨の矯正や関節の調整を行う手技療法を指します。いずれも「民間療法」として位置づけられている施術で、病気やケガを治療するための施術ではありません。

整体師ができない施術

整体師が行えるのはあくまでも慰安目的の施術であるため、ケガなどの治療を目的とした施術は行うことができません。例えば骨折・脱臼・打撲・ねんざなどの治療を目的とした施術は柔道整復師の業務に該当するため、整体師は施術不可となります。

また、整体師はあん摩・マッサージ・指圧などの施術も行えません。ただし、あん摩マッサージ指圧師の資格を持っている整体師であれば施術可能です。これらの施術は整体師が行う施術と混同されがちですが、指圧は静脈、マッサージは動脈に沿って行うなど、医療に基づいた根拠を学んだ上で行う必要があります。同様に、針や灸を使った施術も、鍼灸の国家資格を持つ整体師以外は行うことができません。

整体師に必要な資格

結論からいいますと、整体師になるために必要な資格はありません。業務を行う上で取得しておくと役立つ資格はいくつかありますが、資格を持っていなくても整体師として働くことは可能です。

ただし無資格であっても、整体師として働くからには専門的な知識や技術の取得が不可欠です。患者さんを相手にする以上、解剖学や生理学などの基礎的な知識は身につけておくことが望ましいといえるでしょう。

資格取得のメリット

整体師になるために必要な資格はありませんが、実際に現場で働くとなると、資格を取得しているほうが有利といえます。ここでは整体師の資格を取得することで得られるメリットをご紹介します。

行える施術の範囲が増える

資格を持たずに整体師として働く場合、行える施術はごくわずかに限られます。一方で、整体に関する資格を取得すれば、その資格に応じた施術を行うことが可能です。例えば柔道整復師の資格を取得した場合、全身矯正やもみほぐしに加え、骨折・脱臼・ねんざなど、ケガの治療を目的とした施術が行えるようになります。

患者さんからの信頼を得やすくなる

整体師として働き続けるには、患者さんからの信頼を得ることが非常に大切です。患者さんからの信頼を得るためには、資格を取得しているかどうかが大きなカギとなるでしょう。たとえ国家資格でなくとも、施術者が整体に関する正しい知識と技術を持っていることを証明できる資格があれば、患者さんからの信頼を得やすくなります。

待遇が有利になる可能性がある

整体師の資格は就職の面でも役に立ちます。未経験であっても、資格があれば採用されやすい上、待遇面でも有利に働く可能性があります。中には資格手当を用意している企業もあるため、勤務先によっては年収のアップも見込めるでしょう。

【種類別】整体に関する資格の費用と難易度

整体に関する資格は国家資格と民間資格に分かれます。国家資格は柔道整体師、あん摩マッサージ指圧師などが挙げられます。これらの資格は文部科学大臣が認定する学校、あるいは厚生労働大臣が認定する養成施設にて3年以上の教育を受け、国家試験に合格しなくては取得することができません。

一方、民間資格は通学制のスクールや通信教育などで資格取得を目指せます。国家資格に比べて資格取得にかかる時間や費用が少ないことがメリットですが、あくまでも民間資格であるため、指圧やマッサージ、接骨など、保険適用される施術は行えません。

それぞれメリット・デメリットはありますが、いずれも取得しておけば整体師として働く上で非常に役立ちます。ここでは整体師を目指すにあたり、取得しておくと良い6つの資格についてご紹介します。

柔道整復師

柔道整復師は骨折・脱臼・打撲・捻挫などのケガ治療に関わることができる国家資格です。いわゆる接骨院・整骨院の先生として働くことができるほか、医療機関やスポーツジムなどの現場でも活躍できます。資格を取得するためには、3年制もしくは4年制の養成学校で教育を受けたのち、国家試験に合格する必要があります。

学校に通う必要があるため、資格取得にかかる費用はやや高めです。養成学校の平均的な学費は3年間で500万円前後です。試験は年々難化しており、近年の合格率は60%前後を推移しています。決して簡単に合格できるわけではないため、資格取得を目指すのであれば、解剖学・生理学・運動学などについてしっかり理解しておくことが大切です。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師はマッサージ分野における業務独占資格です。こちらも国家資格のため、資格を取得するには養成学校を卒業し、試験に合格しなくてはなりません。民間資格や無資格の整体師と異なり、健康保険適用でのマッサージを行うことが可能です。屋号にも「マッサージ」の文字を掲げられるため、患者さんからの信頼も得やすくなるでしょう。

資格取得にかかる費用は教育を受ける学校にもよりますが、目安としては3年間で300~500万円ほどです。試験の難易度はそこまで高くなく、合格率は毎年80%前後を推移しています。学校で受ける授業内容をしっかり理解できれば合格できる難易度といえるでしょう。

一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会認定整体師

整体師の民間資格は複数の団体が提供していますが、その中でもとくに有名なのがこの教会です。メディカルトレーナーやリラクゼーションセラピスト、リフレクソロジストなど、整体に関するさまざまな検定試験を実施しています。

認定校ではボランティア向けの基礎コースから開業を目指す人向けのコースまで用意されており、目的に合わせた育成コースの受講できます。授業料はコースにもよりますが、整体師総合コースだと8カ月で100万円ほどです。コース修了後に資格が取得できるため、即戦力として働けるような整体師を目指す方におすすめといえるでしょう。

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは、脊髄を中心とした身体の部位を整える施術です。資格を取得することで、背骨や骨盤を矯正し、身体全体のバランスを整えられるようになります。整体師として行える施術の幅を広げたい方にはおすすめの資格といえるでしょう。

発祥地のアメリカでは国家資格となっていますが、日本のカイロプラクティックは民間資格です。資格を取得する場合は民間のスクールに通う必要があります。費用は各校が用意しているカリキュラムによって異なりますが、2年で200万円ほどかかるのが一般的です。国際認証を得ているスクールに通って資格取得を目指す場合は、4年間で645万円ほどの学費がかかります。

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーはスポーツ選手のケガ予防や応急処置、リハビリテーションなどに関わる人を指します。整体院ではスポーツ選手の患者さんに施術を行うこともあるため、アスレティックトレーナーの資格を取得しておくことで、トレーニング指導やコンディショニングなども行えるようになります。

資格を取得するためには、日本スポーツ協会や加盟団体が主催する養成講習会を受講するか、大学・専門学校の授業で履修した上で試験に合格しなくてはなりません。養成講習会を受講する場合は3万円ほどの受講料がかかります。試験の合格率は10%前後と非常に低めですが、取得すれば整体師としてのスキルアップに繋がります。

オステオパシー

オステオパシーとは、身体のつながりを考えて自然治癒力を高めていくことを目的とした療法を指します。アメリカでは国家資格となっており、国内にもオステオパシーの医療哲学に賛同する方が多くいます。

資格取得には日本オステオパシー連合が実施する試験に合格することが必要です。必ずしも養成校に通う必要はありませんが、独学は難しいため、スキルを身につけるなら養成校で正しい知識を学んだほうがよいでしょう。養成校の学費は4年間で300~400万円ほどです。

整体師になるためには

整体師として実際に現場へ出て働くためにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは整体師になるための方法を3パターンに分けてご紹介します。

スクールに通って資格取得を目指す

整体師として働く前に知識や技術をしっかり身につけておきたい方は、養成校に通って資格取得を目指すのが望ましいといえます。提携サロンが多い養成校では実地指導のほか、就職支援も充実しているため、基礎を学んで即戦力で働ける整体師になることができます。

現場で経験を積む

整体師は資格と持たずとも働けるため、まずは見習いとして現場で働き、経験を積んで整体師を目指すのも1つの手です。ただ、基礎から丁寧に指導してくれる職場は稀ですから、勤務先によっては知識や技術が偏ってしまう可能性も十分にあり得ます。

働きながら整体師としてのスキルアップを図りたい方は、現場で経験を積みつつ、通信講座などを利用して基礎知識などを学んでいくのがおすすめです。

独学で整体師になるのは難しい

整体師は独学で資格取得を目指すことも可能です。しかし、整体師に求められる知識は膨大な量であるため、未経験者がイチから独学で知識や技術を身につけるのは非常に難しいといえるでしょう。

最近では企業により無料で研修会が開催されることもあるため、独学で整体師の資格取得を目指す方は、そういった研修会に参加して整体師になることも可能です。とはいえ、研修後は開催元の企業に就職することが条件となることが多いため、自分がどう働いていきたいかどうかも踏まえて参加するか検討したほうがよいでしょう。

まとめ

整体師になるために必要な資格はありませんが、患者さんを相手にするからにはきちんと正しい知識を身につけておかなくてはなりません。患者さんから信頼を得るためにも、整体師の民間資格、そのほか施術を行う上で役立つ資格は取得しておくのが望ましいといえるでしょう。

お役立ち資料