logo
お役立ち資料
新規CTA

柔道整復師の資格取得までの流れ・費用の目安・難易度についてご紹介

柔道整復師として働くためには、柔道整復師資格の取得が必要になります。

とはいえ、「どうすれば柔道整復師の資格が取得できるのか」「試験はどれぐらい難しいのか」など、資格取得についてあまりよく分からない方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、本記事では柔道整復師の資格を取得する方法や、資格取得にかかる費用の目安、試験の難易度などについてご紹介します。

柔道整復師とは

柔道整復師は医師以外で唯一、骨折・捻挫・脱臼・打撲・挫傷などのケガの施術に携われる職業です。接骨師・整骨師・ほねつぎと呼ばれることもあります。

西洋医学が日本に入ってくる前から伝わる「柔道整復術」により、出血を伴わないケガ治療を行い、身体に本来備わる治癒能力を引き出します。

柔道整復ってどんなもの?

柔道整復師が施術に用いる柔道整復術とは、古くから伝わる「柔術」に由来します。柔術は元々、殺法と活法の2種類がありました。

  • 殺法:相手を痛めつけるための柔術を指します。
  • 活法:負傷者の手当てをするための柔術

2つの柔術は時代の移り変わりとともに変化し、殺法は競技柔道に、活法は柔道整復術に発展していきました。

柔道整復師の仕事内容

柔道整復師の主な仕事は、骨折・捻挫・脱臼・打撲・挫傷などのケガに対する施術と指導管理を行うことです。ただし、骨折または脱臼に対して施術を行う場合は医師の同意が必要となります。

柔道整復師が行える施術は柔道整復術を用いた施術のみで、外科手術・投薬・レントゲンの撮影は行うことができません。

施術内容は大きく「整復法」「固定法」「後療法」の3つに分類されます。各施術の内容と指導管理についてご紹介します。

整復法

整復法は骨折により損傷した骨を元の状態に戻したり、脱臼・捻挫時の関節部分のずれを元に戻したりする方法です。

触診などによって患部や周囲の状態を把握し、手で押したり引っ張ったりしながら元の状態に戻します。

固定法

固定法は骨折や脱臼をした際に、三角巾・包帯・福木・テーピングなどで患部を固定する方法です。

患部を固定することで無理な動きを防ぎ、治癒効果を高めたり、再転倒を防いだりします。また、傷みの軽減にも効果的です。

後療法

後療法は損傷箇所の回復を促したり、正常な運動機能をより早く戻したりするための施術で、整復法や固定法の処置をした後に行います。施術は「運動療法」「物理療法」「手技療法」と大きく3つの方法に分類されます。

運動療法

運動療法は運動機能の回復、リハビリテーションを目的として行われる施術です。骨折などで長期に渡り患部を固定していた場合は間接が固まりやすくなるため、可動範囲が狭くなることを防ぐ目的としても行われます。

運動療法は手技による施術と、専用の器具を使って行われる施術の2種類があります。

手技療法

手技療法は柔道整復師の手によって施される施術です。押す・揉む・擦るなどの手法を用いて患部に刺激を与え、患者さんの自然治癒力を高めます。

手技療法は軽擦法・揉捏法・圧迫法・叩打法などさまざまな種類があり、手のどの部分を使うか、指を何本使うかなどによって、さらに施術方法が細分化されます。

物理療法

物理療法は低周波や超音波などの機器を用いて行う施術です。患部に刺激を与えて、患者さんの自然治癒力を高めます。

物理療法も種類が細かく分かれており、温熱療法・冷却療法・電気療法・光線療法などさまざまな施術方法があります。

指導管理

ケガの治療期間は患部に悪影響が出ないよう、患者さんに対して適切な指導を行うのも柔道整復師の大切な仕事です。

管理指導では日常生活の動作における姿勢の注意や、自宅で簡単にできるストレッチ法などについて指導します。

柔道整復師は国家資格

柔道整復師は厚生労働大臣から医業類似行為を認められた国家資格であるため、無資格での施術は違法行為となります。

柔道整復師資格を取得する方法

柔道整復師として働くためには、毎年3月に行われる柔道整復師の国家試験に合格し、資格を取得することが絶対条件です。

国家試験は大学・専門学校・夜間部のいずれかに通い、柔道整復師の知識や技術を学ぶことで受験資格が得られます。

それぞれの学校で通うメリット・デメリットについてご紹介します。

柔道整復師資格を大学で取得する

大学へ進学して柔道整復師を目指す場合は、文部科学省指定の柔道整復師に関する知識や技術を学べる学科・コースへ入学することが必要です。

文部科学省指定の大学は4年制がほとんどなので、専門学校や夜間部に通うよりも幅広い知識を身につけられることが最大のメリットといえます。

柔道整復師以外の資格取得も目指せるため、活躍の場を広げておきたい方は大学に通いながら柔道整復師資格の取得を目指すのがおすすめです。

一方、大学のデメリットとしては専門学校・夜間部に比べて学費が高くなること、柔道整復師として働けるようになるまでに1年遅れが出てしまうことが挙げられます。

柔道整復師資格を専門学校で取得する

専門学校へ進学して柔道整復師を目指す場合は、厚生労働省指定の養成施設へ入学し、専門知識や技術を3年以上学ぶ必要があります。

養成施設は柔道整復師に関する科目に特化したカリキュラムになっていることが最大の強みです。

学校へ通う期間は大学よりも1年短いですが、柔道整復師に必要な知識や技術は十分身につけることができるでしょう。

また、専門の養成施設は業界とのつながりが強いため、卒業後に多くの求人から自分に合った就職先を選べるのも大きなメリットです。

大卒資格が得られないデメリットはありますが、柔道整復師の仕事1本で考えている方には養成施設で資格取得を目指すのがおすすめといえるでしょう。

柔道整復師資格を夜間部で取得する

柔道整復師は社会人の方でも資格取得を目指せます。ただし、働きながら柔道整復師資格を取得するには夜間部を設ける養成施設へ入学し、専門知識や技術を身につけなくてはなりません。

夜間部は仕事と勉強の両立が大変ですが、一方で授業料が安い、モチベーションを維持しやすい、日中のバイト先を紹介してくれるなど、さまざまなメリットがあります。

授業内容も日中部とほぼ変わらないため、昼間に学費を稼ぎながら資格取得を目指したい方や、現場での経験を積みたい方におすすめといえるでしょう。

通信教育は柔道整復師資格の取得が不可

医療従事職の一部は通信教育でも資格取得が可能ですが、柔道整復師のような医療系の国家資格は通信教育だけで資格を取得することができません。

柔道整復師は患者さん相手に診察・施術を行う責任重大な職業です。それゆえに、解剖学・生理学・外科学概論といった体の構造や医学的な知識、正しい応急処置などについて学ぶ必要があります

柔道整復師資格取得の費用や難易度

最後に、柔道整復師資格取得にかかる費用の目安や、国家試験の難易度についてご紹介します。

柔道整復師資格取得にかかる費用の目安

前述の通り、柔道整復師資格取得を目指す場合は大学や専門学校へ通わなくてはなりません。学費は学校によって異なりますが、大学に通う場合は4年間で350~650万円、専門学校は200~500万円ほどの学費がかかります。

また柔道整復師資格取得には、国家試験を受ける際に支払う受験手数料、免許登録時に必要となる税金や手数料なども用意しておかなくてはなりません。柔道整復師資格に関する受験料・登録免許税・手数料は以下の通りです。

  • 受験手数料…16,500円
  • 登録免許税…9,000円
  • 新規登録申請手数料…4,800円
  • 合格証名書…2,950円

柔道整復師資格取得の難易度

柔道整復師は同じ国家資格である鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師に比べ、難易度はやや高めといえます。

国家試験の合格率はここ数年で60%前後を推移しており、10年前と比較して約10%、さらに第1回目の国家試験と比較すると約30%も下がっています。

とはいえ、新卒者の合格率は80%前後を推移しているため、大学や専門学校へ通い、柔道整復師に必要な専門知識と技術を学んで試験対策を行えば、資格取得はそこまで難しくないでしょう。

夜間部においても難易度は同じです。昼間部・夜間部によって合格率への影響が変わることはありません。

まとめ

柔道整復師は国家資格であるため、資格取得を目指す場合は、文部科学省指定の大学あるいは厚生労働省指定の専門学校へ通い、専門知識や技術をしっかりと学ぶことが必要です。

各校でメリット・デメリットが異なるため、自分のライフスタイルや将来の希望に合わせてスクールを選びましょう。

柔道整復師の資格取得は接骨院開業や整形外科勤務、スポーツトレーナーとして活動するなど、将来のフィールドを広げるにも役立ちます。

この記事で紹介した内容を参考にしながら、ぜひ柔道整復師の資格取得を目指してみてください。

お役立ち資料