logo
カラダに関わるサービスに
寄り添うWEBマガジン
お役立ち資料
お役立ち資料

整骨院・接骨院パンフレットデザインのコツ!リピート率UPのポイントやテンプレートも合わせてご紹介!

20201214-0645_8072b80dfed699fe5e9302d90269097c (1)

集客というと「お客様を集めること」と考えてしまいがちですが、本来の意味はそれだけではありません。企業にとって最も大切なことは、お客様を惹きつけるということ。

本質的な意味においての集客とは、顧客を集め、リピーターを増やし、自社のブランディングを行うという3つの要素が揃って初めて成功と言えます。看板やパンフレットは大事な集客ツールのひとつです。

この記事は、その中でもパンフレットにフォーカスして集客に有効な掲載内容やデザインをご紹介します。

テンプレートの例や作成を依頼できるサービスも合わせてご紹介しているので、参考にしてみてください。

目次

1.院内パンフレットでリピート率UP

2.リピート率UPにつながるチラシ作成のポイント

3.パンフレット作成に便利なサービスをご紹介

4.まとめ

1.院内パンフレットでリピート率UP

院内掲示や院内で配布するパンフレット等は、その情報の受け手が既に受診している患者さんなどに限定されるため、非広告扱い、つまり広告とはみなされず、現時点では広告規制の対象とはされていません。

もちろん、非広告扱いだからといって何でも書けるかというとそうではありません。

第一に、内容的には院の施術を紹介するものでなければならず、施術に使用しない健康食品などのパンフレットは非広告になりません。

第二に、医療法上は非広告ですが、薬事法上は非広告ではありません。したがって、治療内容に関わるものであれば医療法上は非広告扱いで規制違反にはなりませんが、薬事法上違反になることはあり得ます。

こうした内容や、誇大広告などの誤解を招く恐れがある表現は避ける必要がありますが、看板や院外で配るチラシ等には書けない、自院のアピールポイントを記載し、リピーター獲得するための方法として院内パンフレットは有効な手段といえます。

2.リピート率UPにつながるチラシ作成のポイント

では、患者さんが「また来たい」と思えるパンフレットとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

ここからは、リピート率UPにつながるチラシ作成のポイントをご紹介します。

施術者の顔がわかる写真を載せる

施術の際は体を触られるため、どんな人が施術をするのかがわからないと不安に感じる方も多いです。

パンフレットに施術を担当するスタッフの顔写真を掲載しておけば、こうした患者さんの不安を取り除くことができ、もう一度来ることへのハードルを下げることができます。

写真を載せるのに効果的な箇所は、一番上の文字が大きく書かれているヘッダーと呼ばれる部分、つまり、キャッチコピー・大見出しです。

広告を全部じっくり見ることは少なく、大体はチラ見です。そしてチラ見の時に見られるのが、このヘッダーとなります。

ヘッダーが目に留まり、さらに興味を持ったらここで初めてチラシを読み、そこでオーナーや店長の顔写真と実名、さらに施術スタッフの写真があれば、安心・信頼を与えることができるのです。


施術の流れをわかりやすく記載

施術にかかる時間や流れを記載し、「どんなことをするんだろう」という不安を取り除くことも効果的です。

施術にかかる時間や流れは文字だけでは伝わりにくい部分もありますので、実際の施術写真でわかりやすく解説しましょう。初めての方でも、あらかじめ雰囲気を把握することで安心感が生まれます。

また、施術風景だけでなく、院内の写真を掲載することも大切です。特に初めて来院した人にとって、院内の雰囲気を知ることは安心感につながります。

自分が実際にどのような環境に置かれ、どのような景色が見るのか、どのような機器や設備があるのか。専門的な治療を行う整骨院・整体院だからこそ、このような点も来院の大きなポイントになります。

また、清潔さもとても重要視されます。待合室や窓口などの治療以外の情報も含め、清潔に保たれた院内の様子など、魅力的な写真を撮ることをおすすめします。

痛みの具体例を記載する

患者さんは、施術によってどのような痛みを取り除くことができるのかわかっていないことも多いです。

姿勢のゆがみが原因で発生する症状は、頭痛がする、腰が痛い、疲れやすい、肩がこる、眠れない…など、人によって様々です。腰や肩の痛みは整骨院や接骨院での治療により改善できるかも、とイメージが湧く人も多いですが、頭痛や不眠を改善できるとはなかなかイメージしないものです。

このため、どのような痛みを解消できるかを具体的に伝えることで、施術を受けにくるきっかけの幅を広げることができます。

施術の対象や流れを紹介する際は、イメージ写真や、イラストなどを使用すると効果的です。イメージ写真やイラストには、人の目線を向けさせるアイキャッチ効果があります。

ただ文字だけを並べるより、パッと目に飛び込んで来るように視覚に訴える方が、注意や興味を持って見てもらいやすくなります。

クーポンやサービス券をつける

その治療院の特色である施術をキャンペーンとして展開し、クーポンやサービス券を付けると、受け取った人に「お得だったら行ってみようかな」という気持ちが生まれます。

キャンペーンの宣伝に加え、治療院のいいところも宣伝できるようなレイアウトにすると一石二鳥です。

また、クーポンやサービス券に一定の期限を付けることによって、次回の予約をスムーズに行うことができ、リピーター獲得にもつながります。患者さんの予定がなかなか合わないこともありますので、最後の施術時から効果的に施術の効果が発揮できる日数に数日~1週間足した期間を期限とすると予約の案内をしやすくなります。

3.パンフレット作成に便利なサービスをご紹介

ここからは、実際にパンフレットを作成する際に便利なテンプレートをご紹介します。
自分で作成したい方向けの無料テンプレートサイト、デザイン~作成までお任せしたい人向けのサービスサイトをそれぞれご紹介しますので、目的に合わせて参考にしてみてください。

自分で作成して費用を抑えたい方

できるだけ費用をおさえてパンフレットを作成したいという方は、テンプレートを使用して自分で作成してみるのがおすすめです。

以下のサイトでは、無料のテンプレートをダウンロードできます。

パワポン

飲食店のチラシ、美容室のフライヤー、セミナーの案内告など、無料のテンプレートを配布しており、驚くほど簡単に本格的なチラシが作れます。ログイン不要でダウンロード可能なところもお手軽で、嬉しいポイントです。

サイトリンク:無料でデザイン!パワーポイントのチラシテンプレート

チラシテンプレートセンター

業種別に500種類以上のテンプレートが用意されています。
各業種のテンプレート一覧ページにその業界でパンフレットを作成する際のアドバイスが掲載されている他、自由に使用できる60種類のフリーイラストがある点も魅力的です。

サイトリンクチラシテンプレートセンター|530以上のパワポ&イラレ(ai)のデザインテンプレートで簡単作成

デザインから印刷までお任せしたい方

作成はプロにすべてお任せしたい、という方には、デザインから印刷まで一括で引き受けてくれるパンフレット作成サービスの利用がおすすめです。

予算はオリジナルデザイン+印刷+送料を含めて約10000円~(初回限定などのキャンペーンあり)。修正などの時間を除けば、早ければ10日前後で納品可能です。

リッツプリント

修正回数の制限がなく、またデザイン作成費・印刷費・加工費・送料・消費税等が含まれた料金で予算が立てやすいほか、チャットでのサポートもあり、初心者でも安心して注文ができます。

最速2日で初案の提出をしてくれ、短納期で対応してくれる点も魅力です。

サイトリンク:整骨院様の折パンフレットの制作と印刷|リッツプリント

4.まとめ

鍼灸整骨院・整体院・接骨院の数は、全国で約15万店舗にもなります。この中でお客様に選ばれるには、施術技術はもちろん、来てもらうための工夫が必要です。

一度来院した患者さんに「ここに通いたい」と思ってもらうためにはどのような情報を提供するのが最適かをしっかり考え、ターゲットを絞った上で効果的な訴求内容を発信し、確実な集客を目指しましょう。

お役立ち資料