logo
お役立ち資料
新規CTA

理学療法士になるには?資格の取得方法や仕事内容、年収などをご紹介

アイキャッチ_理学療法士になるには?資格の取得方法や仕事内容、年収などをご紹介

理学療法士という資格はご存知でしょうか?
柔道整復師や作業療法士など、名前や業務形態が似ている職種と間違われることも多く、どう違うのか分からないという方も多いのではないかと思います。

この記事では、似ている職業との違いや実際の年収、どのような過程を経てなれる職業なのかについて解説します。

目次

1.理学療法士とは?

2.理学療法士の仕事

3.理学療法士の資格取得にかかる期間や費用

4.理学療法士の就職先

5.作業療法士との違い

6.理学療法士の年収

7.まとめ

1.理学療法士とは?

理学療法士とは、いわゆる「リハビリの先生」のことで、英語で書くと「Physical Therapist」となり、PTと略すことが多いです。

医師によって理学療法の処方がされた場合に、病院や老人保健施設などでリハビリ業務を行う仕事になります。
柔道整復師などのように、治療を行う権利はなく、あくまで社会復帰のお手伝いをする立ち回りの職業なのが特徴です。

また、理学療法士は国家資格であり、「理学療法」という行為は理学療法士しか行えないと法律で定められています。

病院や老人保健施設などで行うだけでなく、患者さんの自宅に出向いて行う訪問リハビリテーションも行っており、取り組める業務の幅が非常に広いことが理学療法士の大きな特徴です。

2.理学療法士の仕事

理学療法士の仕事は、怪我や病気をした患者さんが手術などの治療によって社会復帰が困難にならないよう、リハビリテーションを行って社会復帰のお手伝いをするのが最大の業務内容です。

リハビリを行うだけでなく、患者さんが生活をしやすいように生活指導を行うこともありますし、実際に自宅へ出向いて社会福祉士やケースワーカーと相談しながら住宅改修のアドバイスをすることも。

病気や怪我に対しての治療のみでなく、患者さんが社会活動を円滑に行えるよう、生活全体に対してアプローチができる、非常にやりがいが多い仕事です。

自分の行った治療が、患者さんのその後の人生を大きく左右するため、常に勉強をしていく必要があります。
新しい知識を積極的に取り入れ、生涯に渡って学習をしていくことを推奨されている職業です。

学術的な勉強だけでなく、人と接する能力などの勉強も必要なため、学校の勉強が苦手だとしても活躍できる場が多いのが理学療法士になります。

3.理学療法士の資格取得にかかる期間や費用

理学療法士になるには、高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上学んで国家試験の受験資格を得る必要があります。 養成施設には、4年制の大学、3年制の短大、3年制または4年制の専門学校があり、幅広い選択肢があるのが特徴です。

学費については、4年制の国公立の場合は年間50万円程度、私立の場合は年間100万円程度になります。
また、専門学校の場合には年間で80〜100万円が授業料の目安。
授業料の他にも、教材費や実習時の滞在費などが追加で50〜100万円程度かかってくるので注意が必要です。

国家試験の合格率は8割〜9割程度であり、合格率は高い資格です。
専門学校などは、国家試験を受けるには卒業試験にクリアしなければいけないなど、学校ごとに国家試験を受ける基準を設けているところもあります。

学校としての合格率を上げるために行っている場合も多く、学校探しの際には注意が必要です。

社会人として働きながらの資格取得も可能

夜間学部を設けている専門学校も多く、社会人として働きながら理学療法士の資格を取得することもできます。
ただし、実際に病院や老人保健施設などで2週間〜最大2ヶ月程度の臨床実習を行う必要があるため、通信課程のみでの取得ができません。
実習期間は仕事に行きながらでの学習ができませんので、休職や有給を調整しながら実習に取り組む必要があります。
働きながらの学習は相当に過酷なため、退職をしたうえで通常の学生として通う場合が多いのが実情になります。

4.理学療法士の就職先

理学療法士の就職先は大きく3つに分かれます。
・病院やクリニック
・老人保健施設など
・一般の企業
理学療法士の多くは病院やクリニック、老人保健施設に勤務しますが、稀に一般企業でも募集がかかる場合があります。
企業の場合はフィットネス業界や、託児所などが多く、治療とはまた異なった業務になることが多い様子です。

ほとんどの理学療法士は病院やクリニックに就職し、5〜10年程度の経験を積んだ後に老人保健施設や特別養護老人ホームなどに転職することが主な流れになります。
訪問リハや小児リハに携わることもできますし、スポーツトレーナーとして活動する人も多く、職場に留まらず様々な活躍の場があるのが理学療法士の大きな特徴です。

5.作業療法士との違い

理学療法士は作業療法士と間違われやすいのですが、それぞれアプローチできる分野が異なります。

作業療法士は、指先の能力や空間認識の機能など、脳に起因するものに強い職種になります。
対して理学療法士や運動機能そのものに強い職業になるため、お互いの弱点を補いながら業務を行います。

理学療法士がいる施設には作業療法士が勤務していることも多く、実際には職種の垣根なく業務に携わっていることも多いようです。

作業療法士は精神面に対してのアプローチも学ぶことができるため、精神系の病院も就職先の進路として選ぶことも多いです。

病院での立ち位置は理学療法士と対等であることが多く、職種によって優劣がつけられることは少なくなっています。

6.理学療法士の年収

理学療法士の初任給は総支給で21〜25万円ほどで、平均年収は400万円程度と言われています。
一般のサラリーマンが440万円前後と言われているため、収入はやや少ない印象です。
給料に不満のある理学療法士の多くは、病院で働く傍らで老人ホームなどでアルバイトをしたり、パーソナルトレーナーとして副業をしていることが多いです。
給料自体は少ないものの、大きな医療法人に努めていると寮費や家賃補助、学習費用の補助が出る場合が多く、貯金がしやすいのは意外と知られていません。

月給は大きくないものの、アルバイトとして働くと時給2,000円前後で求人を出している事業所が多いため、副業として勤務したり、パートとして勤務するときに有利な資格になります。

年収を上げるためには?

理学療法士として働き続けると、大きな昇給に期待できないため、年収を最大限に上げていくには別の選戦略を練っていく必要があります。
大きく分けると以下の2つ

  1. 他の資格を取得する
  2. 経理・経営の知識を身につける

それぞれを習得することで、どんな効果が期待できるかを詳しく解説していきます。

他の資格を取得する

理学療法士を取得した先で、もっと細分化した理学療法の資格があります。

所定の研修と課題をクリアすると取得できる「認定理学療法士」や「3学会合同呼吸療法認定士」のように、専門に特化した資格も存在します。病院によっては資格手当が出る場合があり、資格の取得が年収アップに直結することが多いです。

理学療法士として転職する際にも、条件の相談をされるときに年収アップに期待できるため、専門資格の取得を行うのがベストです。

経理・経営の知識を身に着ける

経理・経営の知識を身につけることで、知識や技能を身に着けたあとに起業をすることができます。「理学療法」を名乗っての開業権がないため、フィットネスジムやトレーニング施設などに限られます。

理学療法で得られた知識は、通常だと身に着けられない知識になるため、経営の知識とかけ合わせることで仕事の幅を広げられます。

7.まとめ

以上、理学療法士についてご紹介しました。

最近では理学療法士の養成校も増えてきているため、就職が今までよりも困難になることが予想されます。また、給与のもとになる診療報酬も改定を重ねており、条件は年を追うごとに厳しくなります。

それでも、これからの社会には必要な仕事ですし、患者さんの人生に携わることができる尊い仕事であり、仕事に対してやりがいを重視する方にはおすすめな職種といえるでしょう。

お役立ち資料