logo
カラダに関わるサービスに
寄り添うWEBマガジン
LOGO
無料トライアル
実施中
今すぐ無料トライアル!

整体師になるにはどうすればいい?資格や仕事内容、年収についてご紹介

整体師になるにはどうすればいい?資格や仕事内容、年収についてご紹介

「整体師になりたいけどどうしたらいいか分からない」「整体師になるために資格は必要?」そんな悩みを抱えていませんか?

本記事では、整体師になるにはどうすればいいのか、整体師の仕事内容や年収・求人情報などを紹介していきます。おすすめの求人サイトも紹介するので、整体師を目指している方は参考にしてみてください。

目次

1.整体師の仕事

2.整体師に向いている人

3.整体師になるには資格はいらない

4.独学でも整体師になれる?

5.整体師が働く場所

6.整体師の年収

7.まとめ

1.整体師の仕事

はじめに、整体師の仕事内容を紹介していきます。

「整体」とは、手や指などを使って身体や骨格の歪みを調整する手技により、身体の不調を改善させる技術のことです。整体師は、患者さんから身体の状態を聞き出して、不調の原因や症状を改善するためにこの整体の技術を用いて、施術を行います。

整体師は、あくまでも慰安目的の施術を行います。そのため、あん摩・指圧・はり・打撲・捻挫などの施術は行うことができません。こういった施術は、鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師、柔道整復師などの国家資格を持っている人のみが行えます。

また、整体師と似た職業でカイロプラクティックという仕事がありますが、カイロプラクティックには民間の資格があり、主に脊髄の歪みを改善させる施術を行っています。

2.整体師に向いている人

では、整体師にはどんな人が向いているのでしょうか?

整体師は患者さんとコミュニケーションをとる機会がとても多いです。患者さんは技術力はもちろん、スムーズにコミュニケーションがとれて信頼のできる整体師さんを探しているため、人と接するのが得意で奉仕精神を持っている方は、整体師に向いているでしょう。

また、整体は日々新しい技術が生まれているため、日々の向上心があり、勉強熱心な方も整体師に向いているといえます。

3.整体師になるには資格はいらない

整体師になる上で気になるのが、資格の要否です。

整体師になるためには実は資格は必要ではありません。整体師に関する国家資格は存在せず、施術に関わる民間資格がいくつかあるのみです。

民間資格も、整体師として働くためには必須ではなく無資格・未経験でも仕事を始められます。このため、間口が広い職業といえます。

とは言っても、患者さんを相手にするので施術の知識や技術は必要です。資格は必要なくても、整体師として技術・知識の勉強は欠かさないようにしましょう。

整体師がもっておくと有利な資格

整体師になるために必須の資格はありませんが、働いていく上で持っていると有利な資格はいくつか存在します。

ここからは、その中でもおすすめの資格5つをご紹介します。整体師を目指している方は、参考にしてみてください。資格を取得することで施術の幅が広がり、収入アップにも繋がります。

柔道整復師

柔道整復師は、国家資格です。3年制または4年制の養成学校を卒業後に、国家試験に合格することで取得できます。柔道整復師の資格を取得することで接骨院や整骨院などの開業が可能になります。

養成学校の学費などを含めて、柔道整復師の資格取得までにかかる費用は200万円前後になります。時間・労力・お金とかかる負担はそれなりに大きいですが、取得することで将来の選択肢が大きく広がる資格です。

あん摩マッサージ指圧師

柔道整復師と同じく、あん摩マッサージ指圧師も国家資格です。3年以上養成学校に通い、技術・知識を習得して国家試験に合格することで取得できます。

マッサージの分野において業務独占が可能な資格で、取得することでマッサージを屋号に施術を行えます。

病院や老人介護施設、スポーツジムなど様々な分野で需要がある資格で、整体師としてキャリアを安定させたい場合におすすめの資格です。

取得までの費用は、柔道整復師と同じく200万円前後です。

一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会認定整体師

多く存在している整体師の民間資格の中で特におすすめなのがこの「一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会認定整体師」です。

民間が主宰している資格の場合、団体の信頼度が重要です。

この団体は、全国で200店舗以上の提携サロンがあり、実地指導や開業支援などが充実していて信頼度が高いです。取得することで整体師として、即戦力になれることを示せる資格です。

試験の受験費用は5,000円でこの中には指定講座の受講料も含まれています。

カイロプラクティック

カイロプラクティックの資格を取得するには、民間のスクールに通う必要があります。

取得すると、背骨や骨盤の矯正技術を習得することができ、整体師として行える施術の幅が広がります。

通う期間はスクール毎に違いがありますが、平均して1~2年程です。資格取得までにかかる費用は、20~200万とスクールごとに大きな差が出てきます。アメリカのカイロプラクティック大学の同等の教育を受けることのできる、日本カイロプラクティックドクター専門学院カイロプラクティック学科は2年制で学費が1,955,000円です。

アスレティックトレーナー

財団法人日本体育協会が定めている資格で、取得することでスポーツ医療のスペシャリストとしての証明ができます。

整体院では、スポーツ選手の患者さんも多く、健康管理指導やトレーニング指導を行うことも珍しくないので、アスレティックトレーナーを取得することでスポーツ選手の集客にも繋がります。

資格取得までにかかる費用は、スクール料が10万円前後、受講料が11万円前後です。他の資格と比べて、比較的安価で取得を目指せるのが特徴です。

4.独学でも整体師になれる?

整体師をこれから目指す方で独学でも整体師になれるのか?と思う方もいるかと思います。整体師自体は、必ず資格が必要なわけではなく、開業するのも自由です。そのため、独学でも整体師になれるか?の答えはイエスです。

しかし、整体師として働くためには、身体の仕組みや構造をしっかりと理解し、身体の不調の原因やその対処法について正しい知識を持っていることが大前提したうえで、経験に基づいた施術を行う必要があります。

決して素人が気軽に始められる仕事ではありません。民間資格取得のためのスクールに通う費用が時間がないのなら、整体サロンで働きながら技術・知識・経験を身につけていくことを検討してみましょう。

5.整体師が働く場所

ここまで、整体師におすすめの資格などを紹介してきました。ここからは、整体師が実際に働く場所を紹介していきます。

勤務先として代表的ななのは整体院です。接骨院などとは違い、「治療」を目的とした施術は行わずに、あくまでも「身体の不調・疲れを緩和」することが目的の施術を行います。

他には、柔道整復師の補助や保険適用外の施術を担当してもらうために整体師を募集している接骨院・整骨院が上げられます。

これ以外にも整体師は、介護施設・病院での整体、スポーツジムでのストレッチ講座など様々な場所で活躍することが可能です。

前述した資格を取得することで整体師の活躍の場は広がっていきます。

6.整体師の年収

整体師を目指している方であれば、年収も気になりますよね。

ここからは、整体師の年収について紹介していきます。

整体師は、初任給が約22万円、平均年収が約361万円です。平均年収は、361万円ですが、年収の下限が275万円前後、上限が653万円~であることを考えると、働く場所や整体師の技術によって年収に大きな差がでてきていると考えられます。

また、整体院を開業した場合の平均年収は、約600万円です。整体師としての技術・知識はもちろんのこと、経営者としての知識も豊富で経営が順調な場合は、年収1,000万円を超えることも十分に可能です。

まずはどこかに勤務する整体師としてキャリアをスタートし、ゆくゆくは独立を目指すのが整体師としては理想のキャリアアップといえるでしょう。


整体師の求人情報

整体師のキャリアをスタートさせるために、具体的な求人情報が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは整体師の求人情報が多く集まる求人情報サイト3選をご紹介します。勤務条件や待遇についてより詳しく知りたいという方は、参考にしてみてください。

・WELLジョブ

最初に紹介するのは、WELLジョブです。治療家専門の就活・転職サイトで、ハローワーク非公開の求人も多数あります。求人数は業界トップクラスで、面接や書類作成のサポート体制も充実しています。

また、給与や待遇の交渉も代行して行ってくれるので、希望通りの条件で働ける可能性が高いです。

サイトリンク:WELLジョブ

・介護ココ

2つ目に紹介するのは、介護ココです。介護ココは、介護に特化した求人情報サイトで、登録することで専任のアドバイザーがあなたを徹底サポートしてくれます。一都三県を中心に豊富な求人が用意されており、正社員以外にも派遣など働き方を選ぶことが可能です。

あなたのライフワークバランスに合った職場を見つけることができます。

サイトリンク:一都三県の介護求人なら介護ココ

・JobMedley

最後に紹介するのが、JobMedleyです。JobMedleyは、医療介護求人サイトで全国の整体師やセラピストの求人を取り扱っています。会員登録をすることでLINEで専任のキャリアサポートに気軽に相談することが可能です。

企業側からスカウトが届くこともあるので、登録だけでもしておくことをおすすめします。

サイトリンク:【2021年02月最新】 整体師/セラピストの求人・転職・募集

7.まとめ

今回は、整体師について紹介してきました。整体師は、資格などがなくてもなることのできる間口の広い職業ですが、患者さんと向き合う職業なので正しい知識としっかりとした技術が求められます。

まずは資格勉強を行い整体師としての技術・知識を身に着けることをおすすめします。資格を取得することによって、施術の幅が広がり将来的には独立も目指せるでしょう。