logo
お役立ち資料
新規CTA

柔道整復師の施術管理者研修とは?概要や申込方法を徹底解説

接骨院・整骨院を開業予定、または責任者になる際に必ず受講しなければならない施術管理者研修。

「なぜ受講する必要があるのか」「研修の内容は何か」「どのように申し込みしたらよいか」など、お困りではありませんか?

そこで今回は、そもそも施術管理者研修とは一体どのような研修なのか、内容・期間・申込方法などについてご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

柔道整復師が受ける施術管理者研修とは?

施術管理者研修は、「開業を検討している」「責任者になる予定がある」など、自分が代表として施術管理者になる際には必ず受講しなければいけないものです。

まずは、どのような研修なのか解説していきます。

施術管理者になるための研修

施術管理者研修とは、「社会保障審議会医療保険部会柔道整復療養費検討専門委員会から平成29年3月27日付け」の報告書にて、「新しく柔道整復師の施術に関わる療養費の受領委任を取り扱う施術管理者になる場合」に受講する必要がある研修のことです。

療養費の受領委任とは、保険診療において被保険者である患者様の施術費用を、患者様に代わって施術者が保険者に請求できる制度のこと。

この制度があると、患者様がわざわざ自分で保険者に対して請求する必要がなく、非常に便利な制度です。

しかし、便利な一方で、この制度を不正に扱う柔道整復師も一定数います。

そのため、受領委任取り扱いに関して正しい知識を学ぶ必要があり、施術管理者となる際には必ず施術管理者研修を受講しなければなりません。

独立して開業するために必須

独立して接骨院・整骨院を開業する場合には、実務経験の他に施術管理者研修の受講が必須です。

接骨院や整骨院では健康保険の適用となる「保険診療」が受けられる特徴があります。

保険診療の場合は患者様負担が総額の1割〜3割程度になり、残りの7割〜9割は保険者負担です。この7割〜9割の費用を施術者が請求しなければならず、この請求をするために施術管理者研修を受講しなければいけません。

独立・開業予定の方は、必ず開業前に受講するようにしましょう。

柔道整復師の施術管理者研修概要

気になる施術管理者研修の概要について、「内容」「期間」「受講方法」を解説していきます。

施術管理者研修の内容

施術管理者研修で学ぶことは大きく分けて4つ。

  1. 職業倫理
  2. 安全な臨床
  3. 適切な保険請求
  4. 適切な施術所管理

それぞれ何を学ぶのか、詳細を以下にまとめたので参考にご覧ください。

職業倫理とは

職業倫理では、「医療関係者・社会人としての倫理マナー」「患者との接し方」「コンプライアンス(法令遵守)」「柔道整復師としての倫理」などの科目を学びます。

この科目では、接骨院・整骨院の施術管理者として必ず意識しなければいけない、規範を学ぶことが可能です。

安全な臨床とは

安全な臨床では、「勤務者への指導」「患者への指導」「患者の状況の的確な把握・鑑別」「救急救命・応急処置」「柔道整復術の適用の判断及び的確な施術」などの科目を学びます。

より実務に関わる科目となっていて、実際の診療に関わる判断基準から患者・勤務者に対する指導をどのように行うかについて学ぶことが可能です。

適切な保険請求とは

適切な保険請求では、「保険請求できる施術の範囲等」「施術録の作成」「支給申請書の作成」「不正請求の事例」などの科目を学びます。

受領委任の取り扱い方法から厳密な計算や申請書の作成方法など、保険請求に関わる正しい知識を学ぶことが可能です。特に不正請求の取り締まりについては年々強化されています。知らずに不正請求を行っていたなどの事態を起こさないように、きちんと受講しましょう。

適切な施術所管理とは

適切な施術所管理では、「広告の制限」「事故発生時の対応」「医療事故・過誤の防止」「医療機関との連携」などの科目を学びます。

緊急時の対応から広告規制など、施術所の運営に関わる注意点などをより細かく学ぶことが可能です。

施術管理者研修の期間

施術管理者研修は2日間にわたって行われます。1日目・2日目と、それぞれの研修プログラムについては、下記表を参考にしてください。

<1日目>

 

分野

科目

時間数

時間

職業倫理1

(イ)医療関係者・社会人としての倫理マナー

3時間30分

9時30分

〜13時00分

職業倫理1

(ウ)患者との接し方

職業倫理1

(エ)コンプライアンス(法令遵守)③

安全な臨床4

(オ)勤務者への指導②

職業倫理1

(エ)コンプライアンス(法令遵守)②

4時間30分

14時00分

〜18時30分

適切な保険請求2

(ア)保険請求できる施術の範囲等

適切な保険請求2

(イ)施術録の作成

適切な保険請求2

(ウ)支給申請書の作成

適切な保険請求2

(エ)不正請求の事例

適切な施術所管理3

(エ)広告の制限

<2日目>

分野

科目

時間数

時間

適切な施術所管理3

(イ)事故発生時の対応

3時間30分

9時30分

〜13時00分

安全な臨床4

(ア)患者の状況の的確な把握・鑑別

安全な臨床4

(ウ)救急救命・応急処置

職業倫理1

(ア)柔道整復師としての倫理

4時間30分

14時00分

〜18時30分

職業倫理1

(エ)コンプライアンス(法令遵守)①

適切な施術所管理3

(ア)医療事故・過誤の防止

適切な施術所管理3

(ウ)医療機関等との連携

安全な臨床4

(イ)柔道整復術の適用の判断及び的確な施術

安全な臨床4

(エ)患者への指導

安全な臨床4

(オ)勤務者への指導①

 

1日目では主に「職業倫理」や「適切な保険請求」について、2日目では主に「安全な臨床」について学びます。

施術管理者研修はオンライン受講が可能

現在、施術管理者研修は原則オンライン受講となり、一部日程では会場を選択して受講可能です。オンラインの場合は、最新バージョンでのGoogle Chrome・Firefox・MS Edge・Safariなどプラウザの用意が必須。また、ウインドウズ7以降・MacOS10.7以降・Ubuntu10以降など環境を整える必要があります。

一方、会場受講は東京・大阪・名古屋・北海道・宮城・福島など、さまざまな主要都市で1ヶ月〜2ヶ月に1回程度の頻度で開催されています。

開催スケジュールについては、次項の申込方法をご確認ください。

柔道整復師の施術管理者研修の申込方法

施術管理者研修を受講するためには、申込をしなければいけません。そこで、「必要書類」「必要要件」「受講費用」など、申込に関する疑問について解説していきます。

申込時に必要な書類

申込時には、「柔道整復師免許証の写し」「証明写真(縦4cm×横3cm)」が必要です。また、令和3年4月実施分から優先度の高さによって受講者を決定しているので、受講者の立場によって必要書類が異なります。優先度別の必要書類については下記をご参考ください。

<優先度の高い方>

  1. 施術管理者研修導入時の特例対象者として、研修修了証の写しを後日提出する旨の確約書を、地方厚生(支)局へ提出し、受領委任の取扱いの登録又は承諾をされている方
  2. 開業はしているが、施術所に施術管理者がおらず、受領委任の取扱いを行っていない方
  3. 既に開業準備を行っている方(不動産の売買、不動産の賃貸、設備の購入、機材の購入のうちいずれかひとつ)
  4. 近日中(6ヶ月以内)に施術管理者が退職する(妊娠により受領委任の取扱いを辞退する等)ことから施術管理者がいなくなることが確定するため、同じ施術所の勤務する柔道整復師及び他の施術所からの後任者が新たに施術管理者となる予定の方。または高齢等の事情から受領委任の取扱いを辞退する予定の親から事業承継を受ける同じ施術所の勤務する柔道整復師である子である方

①該当者

特例対象者、施術管理研修特例対象者及び施術管理者の死亡による登録または承諾の場合

「受領委任の取扱いの登録又は承諾について」の写し(平成22年5月24日付保発0524第2号)別添1別紙及び別添様

式第3号

②該当者

開業はしているが、施術所に施術管理者がおらず、受領委任の取り扱いを行っていない場合

保健所に提出した施術所開設届などの写し

うち柔道整復師として実務に従事した期間を1年以上有する場合

実務経験期間証明書の写し

(平成30年1月16日付保発0116第2号)別紙様式1

③該当者

既に開業準備(不動産の売買、不動産の賃貸、設備の購入又は器具の購入)を行っている場合

開業準備が確認できる書類(不動産売買契約書の写し、不動産賃貸契約書の写し、構造設備の領収書の写し、施術に用いる器具の領収書の写し等のいず

れかひとつ)

うち柔道整復師として実務に従事した期間を1年以上有する場合

実務経験期間証明書の写し(平成30年1月16日付保発0116第2号)別紙様式1

④該当者

近日中(6ヶ月以内)に施術管理者が退職する(妊娠により受領委任の取扱いを辞退する等)ことから施術管理者がいなくなることが確定しているため同じ施術所の勤務する柔道整復師及び他の施術所からの後任者が新たに施術管理者となる場合、または高齢等の事情から受領委任の取扱いを辞退する予定の親から同じ施術所の勤務する柔道整復師である子が事業承継する場合

【近日中に施術管理者が退職する(妊娠により受領委任の取扱いを辞退する等)ことが確定しているため、同じ施術所の勤務する柔道整復師が新たに施術管理者になる場合】

・退職者の退職届の写し(任意様式。妊娠の場合、母子手帳の写し※妊娠が分かる箇所のみ)、施術所開設届の写し、開設者又は法人代表者の申立書の写し(開設者又は法人代表者の署

名)

【近日中で施術管理者が退職する(妊娠により受領委任の取扱いを辞退する等)ことが確定しているため、他の施術所から後任者を配置する場合】

・退職者の退職届の写し(任意様式。妊娠の場合、母子手帳の写し※妊娠が分かる箇所のみ)、施術所開設届の写し、後任者との雇用契約書の写し、開設者又は法人代表者の申立書の写し(開設者又は法人代表者の署名)

【高齢等の事情から、親から同じ施術所の勤務する柔道整復師である子が事情承継する場合】

・施術所開設届の写し、施術管理者が高齢等であるため引き継ぐ旨の申立書の写し(開設者又は法人代表者の署名)

うち柔道整復師として実務に従事した期間を1年以上有する場合

実務経験期間証明書の写し(平成30年1月16日付保発0116第2号)別紙様式1

引用元:https://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/200122_01.pdf

受講に必要な要件

受講に必要な要件として、対象者を次のように定めています。

研修対象者は柔道整復師法(昭和45年法律第19号)第6条第2項に規定する柔道整復師免許証(同法第8条の6に規定する柔道整復師免許証明書又は同法第8条の2に規定する指定登録機関が柔道整復師名簿に登録したことを証明する登録済証明書を含む。)の交付を受けた者であること

柔道整復師免許証を所持していない場合は、対処者とならないため注意しましょう。

受講費用

施術管理者研修の受講費用は、一律20,000円となっています。

支払いについては、申込期間の終了後にメールアドレス宛に振り込み手続きのご案内が届くので、内容にしたがって入金しましょう。

申し込み

申込はインターネット上でおこないます。

手順①:柔道整復師研修試験財団のサイトにアクセス

https://www.zaijusei.com/training_oparation_2021.html

  1. 手順②:希望する回の「受付はこちら」ボタンをクリックし「姓名(カナ)」「生年月日」「性別」「メールアドレス」「自宅住所」「電話番号」「柔道整復師免許登録番号」「卒業養成施設名」などを記入し申込
  2. 手順③:受講者決定通知が届く
  3. 手順④:受講確定後に必要書類を提出
  4. 手順⑤:提出後研修費用を入金し申込完了

WEB上で申請ができない方は、柔道整復研修試験財団までお問い合わせするようにしてください。

柔道整復師が施術管理者研修を受講する際の注意点

最後に施術管理者研修を受講する際に注意して欲しい3つのポイントをご紹介します。

優先度の高さに該当するか確認

申込に必要な書類でご紹介したように、令和3年4月実施分から優先度の高さによって受講者を決定することになりました。

そのため、事前に自分が優先度の高い4つの条件いずれかに当てはまるかどうかを確認しておきましょう。

仮登録後の本登録を忘れないこと

申込時、登録フォームにて仮登録を済ませた後に、入力したメールアドレス宛に本登録のメールが届きます。届いたメールを必ず確認し、本登録を済ませるようにしましょう。また、申込方法については申込時に注意事項が記載されているので、都度確認することが大切です。

研修当日失礼のない服装で臨むこと

会場で直接受講する際は服装にも配慮しましょう。柔道整復師施術管理者研修要綱では「受講する際は、講師及び関係者に失礼のない服装を着用すること。」と定められています。ジャージやスウェットなどは避け、落ち着きのある服装で会場へ向かうようにしてください。

まとめ

柔道整復師の施術管理者研修は、これから「責任者になる」「開業する」など管理の立場になる際は必ず取得しなければいけません。

ところが、年々柔道整復師の数が増えていることから、優先度によって受講者を決定するなど要件が新しく追加されています。

改めて申込要件など確認し、準備不足がないように受講しましょう。

 

参照元サイト

https://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/200122_01.pdf

https://www.zaijusei.com/doc/training_oparation/training_oparation_kyouyou_prog.pdf

https://www.zaijusei.com/training_oparation_2021.html

https://www.zaijusei.com/doc/training_oparation/kensyu_youkou_r3.pdf

お役立ち資料