logo
お役立ち資料
新規CTA

機能訓練指導員に必要な資格は?【2021年度最新版】資格ごとの詳細まで徹底解説!

介護業界では介護士やケアマネジャー、管理栄養士、看護職員、生活支援コーディネーター、生活相談員など、さまざまな職業の方がチームとして、サポートが必要な高齢者を支えています。その中でも、高齢者がより質の高い日常生活を送るために欠かせないポジションが「機能訓練指導員」です。本記事では、機能訓練指導員になるために必要な資格について、徹底解説します。

機能訓練指導員とは?

機能訓練指導員は介護施設や医療系介護施設を中心として、入所・利用している高齢者ひとりひとりの心身の状態・不自由さに合わせて、よりQOLの高い生活を送るために必要な身体機能や日常生活動作、趣味、社会参加ができるように日常生活を営む能力を改善・減退防止のための訓練を指示する役割を果たす介護職員のことです。

機能訓練指導員の主な仕事内容

機能訓練指導員の仕事内容は、勤務先の介護施設や医療系介護施設の入所者・利用者が日常生活を送る上で支障を来たしている課題を改善し、今後の日常生活で不自由さを感じないように怪我や障害を予防することが中心の仕事内容です。

高齢者の現状に対してきっちりと向き合った上で、身体機能の改善や減退予防を目的とした訓練を指導し、退所後に日常生活を不自由なく送れる状態を目指します。指導する機能訓練は高齢者や機能訓練指導員自身の専門分野によって異なりますが、大きく分類すると身体機能または生活機能の維持・改善・向上を目指す機能訓練と疾患・障害・怪我の予防を目的とした機能訓練の2つに分類可能です。

機能訓練指導員になるために必要な資格は?

機能訓練指導員はそもそも職種ではなく、職務上の役割であるため、機能訓練指導員になるための専門学校などはありません。しかし、機能訓練指導員として稼働するためには、以下の7個の資格のうちいずれか1つを取得している必要があります。

  • 看護師・准看護師
  • 理学療法士
  • 言語聴覚士
  • 作業療法士
  • 柔道整復師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 鍼灸師

准看護師は都道府県知事認可の免許ですが、准看護師以外の資格は全て医療系国家資格です。以下では、それぞれの資格を取得した上で機能訓練指導員として稼働する場合の業務や、資格の取得方法について解説します。

【機能訓練指導員になるために必要な資格】看護師・准看護師

一般的な内科や耳鼻科などの病院・クリニックなどで従事することが多い看護師・准看護師ですが、高齢化社会になるにつれて看護師・准看護師が活躍する場面として介護施設や医療系介護施設も増えてきています。

看護師・准看護師が機能訓練指導員として稼働する場合は、他の機能訓練指導員として稼働できる資格所有者にはない「医療知識」を活用した業務が主となります。身体的な障害や不調を抱える高齢者の場合、服薬していることも珍しくありません。看護師・准看護師の場合、服薬状況や効能の有無、日常的な体調に合わせて機能訓練を行います。また、機能訓練を行いながら、体調管理や病気・怪我の処置・予防を行うことも可能です。

看護師・准看護師の違いとして、国家資格なのか都道府県知事発行の免許なのかが上げられます。

看護師の資格を取得するためには、看護大学、看護短期大学、看護師養成所として認定された専門学校、5年一貫看護師養成課程校などで3年以上の看護師になるために必要な学科を履修することが必須条件です。この条件を満たしていなければ、看護師国家試験を受験することはできません。旺文社 教育情報センターによると、2021年の看護師国家試験の合格率は90.4%と高い水準を保っているため、きちんと勉強したら取得できる可能性が高い国家資格でもあります。とはいえ、看護系の学校は学費がやや高めであるため、予算と相談しながら取得する資格を検討しましょう。

准看護師の免許を取得するには都道府県が実施する准看護師試験を通過する必要があります。准看護師試験を受験するには2年制の准看護師養成所や高等学校衛生学科、看護大学、看護系の短期大学、専門学校を卒業することが必須条件です。准看護師試験は合格率の全国平均が97~98%と高いため、機能訓練指導員として勤務するための資格取得としてもおすすめできます。

【機能訓練指導員になるために必要な資格】理学療法士

理学療法士は医師の指示のもと、さまざまな理由で身体に障害がある方や、障害が発生する可能性がある方に対して、日常の基本動作ができる状態への回復・維持や障害の予防を目的とするリハビリを提供する職種です。

理学療法士が機能訓練指導員として稼働する場合、運動療法や電気治療・温熱療法などの物理療法を高齢者に指導することで、日常生活における基本動作を行う能力を改善させたり、障害の度合いを軽減させることが主な業務です。また、理学療法士は日常生活動作の訓練に加えて栄養指導や食事指導も合わせて行い、生活習慣病をはじめとするさまざまな病気を予防することも機能訓練指導員として行うこともあります。

理学療法士の資格を取得したい場合は、理学療法士養成校として認定されている4年制大学や3年制短期大学、3年制以上の専門学校、視覚障害者を対象とした特別支援学校で3年以上学ぶ必要があり、2021年11月現在では279校が理学療法士養成校として認可されています。理学療法士国家試験は3年以上学んでいなければ受験資格を得られません。一般の方は二部制の筆記試験、重度視力障害者の方は口述試験及び実技試験を通過することができれば、厚生労働大臣から理学療法士免許を与えられます。

【機能訓練指導員になるために必要な資格】言語聴覚士

言語聴覚士は聴覚障害や言語障害、発達の遅れ、声・発音の障害などによって言語でのコミュニケーションや食事に不自由を抱える方に対して、訓練や指導、助言、援助を行う職種です。

言語聴覚士が機能訓練指導員として稼働する場合、得意分野である言語障害に対する機能訓練や食事に関する機能訓練を中心に稼働します。介護施設や医療系介護施設に入所している高齢者の中では、発声や飲食、聴力に不自由を感じている方も珍しくありません。言語聴覚士はこれらの問題に対して、ひとりひとりに合った、言語訓練や嚥下訓練、誤嚥性肺炎の予防、飲食訓練、補聴器や点字の練習・指導を行います。

言語聴覚士の資格を取得するには、言語聴覚士国家試験を通過して厚生労働大臣の免許を与えられる必要があります。言語聴覚士国家試験を受験するには、以下のいずれかの条件を満たしていなければいけません。

  • 文部科学大臣が指定する学校(3~4年制の大学・短大)または都道府県知事が指定する言語聴覚士養成所(3~4年制の専修学校)を卒業している
  • 指定された大学・大学院の専攻科または専修学校(2年制)を卒業している
  • 言語聴覚士の養成に関わる一定基準の科目をすでに習得している者を対象とした指定校(1年制)を卒業している

旺文社 教育情報センターによると2021年度の言語聴覚士国家試験の合格率は69.4%であり、平均すると合格率65%程のやや難しい国家試験です。

【機能訓練指導員になるために必要な資格】作業療法士

作業療法士は病気や障害、怪我などによって身体・精神に不自由さを抱える方に、医師の指示のもとで作業療法に分類されるリハビリを行う職種です。理学療法士が大きな動きのリハビリを行うのに対し、作業療法士は手や指などの細かい動きのリハビリを行う傾向にあります。

作業療法士が機能訓練指導員として稼働する場合、高齢者が不自由を感じている細かな日常生活動作を回復・軽減するためのリハビリ指導が主な業務です。入浴や食事、掃除、洗濯など、日常生活を送る上では欠かさない細かな動作ができるようになるための指導を行います。また、手芸やパソコン操作、散歩、地域コミュニティへの参加なども取り入れることで、高齢者が心身ともに豊かな生活を送れる状態になる事を目指します。

作業療法士の資格を取得するには「作業療法士国家試験」を受験する必要がありますが、受験資格を取得するためには文部科学大臣または厚生労働大臣が指定・認可した養成校で3年以上学ぶ必要があります。作業療法士養成校として認定されている4年制大学や3年制短期大学、3年制以上の専門学校の中から入学して3年以上経過した場合国家試験の受験資格が取得することが可能です。2021年11月現在では186校が作業療法士養成校として認可されています。

理学療法士国家試験と同様に一般の方は二部制の筆記試験、重度視力障害者の方は口述試験及び実技試験を通過することができれば、厚生労働大臣から作業療法士免許を与えられます。

【機能訓練指導員になるために必要な資格】柔道整復師

柔道整復師は骨や関節、筋、腱、靭帯などに外傷が起きて発生した骨折、脱臼、打撲、捻挫などの怪我に対して、出血を伴わない整復・固定を行うことで身体の治癒能力を最大限まで高める施術を行う職種です。

柔道整復師が機能訓練指導員として稼働する場合は、身体能力や筋力が低下し、日常生活動作を行うのが困難な高齢者に対して、運動機能の改善・回復・減退予防を目指したトレーニング、ストレッチを指導することが主な業務内容です。手先を使うパズルなどや、マシンを使ったトレーニングマシン、ボールを使用する集団での運動指導、レクレーションなどを通して運動機能の改善・回復・減退予防を目指します。

柔道整復師士の資格を取得するには「柔道整復師国家試験」の受験が必要ですが、受験資格を取得するためには以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • 文部科学大臣または厚生労働大臣が指定・認可した養成校で3年以上学び所定の単位を取得する
  • 養成校で行われる認定実技試験に合格する

柔道整復師養成校として認定されている学校としては4年制大学や3年制短期大学、3年制以上の専門学校があり、受験資格を満たした上で年に1回実施される柔道整復師国家試験の筆記試験11科目を通過すれば柔道整復師の免許が与えられます。

【機能訓練指導員になるために必要な資格】あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は東洋医学に基づいた理論で、器具をつかわない「あん摩」「マッサージ」「指圧」を活用して、身体を揉んだり、押したり、撫でたりすることで身体の不調を改善・軽減する職種です。

あん摩マッサージ指圧師が機能訓練指導員として稼働する場合、日常生活や他の資格所有者が行う機能訓練などで発生する身体の疲労や筋肉の張り、疲れを改善・軽減することが主な業務内容です。あん摩マッサージ指圧師として理学療法士や柔道整復師のようにリハビリ型の機能訓練を行うことは少なく、ストレッチやマッサージ、指圧、あん摩を使って筋肉の強張りを緩め、高齢者が日常生活を送りやすい状態を目指します。

あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するには「あん摩マッサージ指圧師国家試験」を受験する必要があります。受験資格を取得するためには文部科学大臣または厚生労働大臣が指定・認可した養成校で3年以上学び、あん摩マッサージ指圧師として必要な知識及び技能を習得する必要があります。作業療法士養成校として認定されている4年制大学や3年制短期大学、3年制以上の専門学校の中から入学して3年以上経過した場合国家試験の受験資格が取得することが可能です。平成27年時点では89校があん摩マッサージ指圧師養成校として認可されています。東洋療法研修試験財団が実施するあん摩マッサージ指圧師の国家試験を通過すれば、あん摩マッサージ指圧師の免許を与えられます。

【機能訓練指導員になるために必要な資格】鍼灸師

鍼灸師は鍼または灸を使って身体に刺激を与えることで身体の自然治癒力を高め、病気や疲れなどの改善・軽減・予防・回復を目指す職種です。平成30年の制度改正から、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員(准看護師)、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師などの機能訓練指導員が配置されている事業所で半年以上の実務経験を積んだ場合のみ、鍼灸師も機能訓練指導員として稼働することができるようになりました。

鍼灸師が機能訓練指導員として稼働する場合には、加齢や病気、障害に伴う身体機能の低下や筋力低下、精神の不調などを鍼灸で回復・改善・予防することが主な業務です。第49回  全日本鍼灸学会学術大会で議論された「高齢化社会における鍼灸の活用」では、高齢者に対して鍼灸を行ったところ治療後に身体の疲れやだるさが取れたり、気分がスッキリしたりゆったりしたりという結果が発表されています。また、寝ている時の姿勢や寝る起きる、衣服を着る、椅子に座る・階段の昇降するなどの日常動作での負担が軽減されたという結果も明らかになっています。そのため、鍼灸師が機能訓練指導員として稼働する場合、他の資格を持つ機能訓練指導員とはまた異なる機能訓練を行うことが多くなりやすいでしょう。

鍼灸師になるには「はり師」「きゅう師」それぞれの国家試験を受験し、合格する必要があります。はり師・きゅう師国家試験の受験資格として、文部科学大臣の認定した学校、厚生労働大臣の認定した養成施設又は都道府県知事の認定した養成施設のいずれかで3年以上「はり師」「きゅう師」それぞれになるために必要な知識・技術を習得することが必要です。「はり師」「きゅう師」それぞれの国家試験を別に受ける必要はなく、同時受験をすることが可能であり多くの方は同時受験を選択しています。

機能訓練指導員になるにはどの資格を取得すればいい?

機能訓練指導員を目指すために必要な7つの国家資格をご紹介しました。しかし、これから機能訓練指導員を目指す方の中には、どの資格を取得すればいいか悩む方もいるでしょう。令和元年に厚生労働省が実施した「介護サービスにおける機能訓練の状況用にかかる調査研究一式」では、機能訓練指導員の業務である「個別機能訓練計画を作成したことがある職種」が資格別に公開されています。もっとも個別機能訓練計画を作成したことがある資格は柔道整復師であり、その後に看護師、准看護師が並びます。

 

また、同様に厚生労働省が実施した「(3)リハビリテーションと機能訓練の機能分化と その在り方に関する調査研究 (結果概要)」では、機能訓練指導員として稼働している者の所有資格率が公開されており、もっとも多いのは看護職員で、その後に理学療法士、柔道整復師が並びます。

 

このふたつの統計から考えると、機能訓練指導員として稼働するために取得しておくべき資格は、ご紹介した中でも看護師、准看護師、柔道整復師、理学療法士であるということができます。もちろんこれらの資格以外でも機能訓練指導員として稼働はできますが、より活発に稼働したい場合には上記4つの資格がおすすめです。

まとめ

機能訓練指導員になるために必要な資格について解説しました。機能訓練指導員になるための学校や試験はないものの、機能訓練指導員として稼働するには医療系国家・都道府県知事認可資格が必要です。どの資格を取得すればいいかわからなくなってしまった場合には、自分が高齢者にどんなサポートをしてあげたいかを考えたり、機能訓練指導員として稼働している資格取得者の統計を参考にして考えたりしてみましょう。

https://www.photo-ac.com/main/detail/22060512?title=%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BB%8B%E5%8A%A9%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%A3%AB%09&searchId=1200370893

お役立ち資料