logo
お役立ち資料
新規CTA

機能訓練指導員の平均年収・給料はいくら?年収アップのためのマインドまで解説!

高齢者に対する介護や医療の需要が高まりつつある現在の医療・介護業界では「機能訓練指導員」という役割が欠かせない状態になっています。しかし、近年介護職の年収が低いと問題視されているのも事実です。今回は、機能訓練指導員の年収は高いのか、機能訓練指導員として年収を上げるにはどうしたらいいのかを解説します。

機能訓練指導員とは?

機能訓練指導員は歩行訓練などさまざまな機能訓練が必要な高齢者に対して、ひとりひとりにあった機能訓練プログラムを組み、適切な指導を行う役割です。では具体的にどんな仕事内容なのか、機能訓練指導員になるために必要なことは何かをご紹介します。

機能訓練指導員の仕事内容

機能訓練指導員はその名の通り、機能訓練のスペシャリストとして高齢者の衰えてしまった身体的機能を日常生活を送れる状態まで改善を目指します。医師の指示のもと行うリハビリとは異なり、理学療法士や言語聴覚士、作業療法士、看護師、准看護師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、鍼灸師などの国家資格を取得した介護職員が、以下のような機能訓練を高齢者ひとりひとりに合わせて指示します。

  • 寝返り訓練
  • 起き上がり訓練
  • 立ち上がり訓練
  • 衣服の着脱訓練
  • ドアの開閉や箸使いなど日常生活動作における訓練
  • 掃除機操作や洗濯物を干すなどの家事動作訓練
  • 編み物や散歩、ゲートボール、パソコン操作などの趣味・余暇活動訓練
  • 屋外や不整地の歩行訓練
  • 階段昇降訓練
  • 公共交通機関の利用訓練

機能訓練指導員になるために必要な資格

機能訓練指導員は介護職員の業務上における役割を表す通称であるため、資格や業種の名称ではありません。しかし、機能訓練指導員は厚生労働省より「機能訓練指導員は、日常生活を営むのに必要な機能を改善し、又はその減退を防止するための訓練を行う能力を有すると認められる者でなければならない。」と定義されているため、以下の国家資格のいずれかを取得している方しか機能訓練指導員として勤務することはできません。

  • 理学療法士
  • 言語聴覚士
  • 作業療法士
  • 看護師、准看護師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 柔道整復師
  • 鍼灸師

機能訓練指導員に必要なスキル

医師の指示のもとで行うリハビリとは異なり、機能訓練は各国家資格を取得している介護職員(機能訓練指導員)の指示のもと行います。そのため、機能訓練に対する知識や技術はもちろん、高齢者ひとりひとりに合った機能訓練を提案するための発想力や対応力が求められます。また、機能訓練はひとりひとりの高齢者の衰えた身体的機能が改善・減退予防をするための訓練であるため、長期間に渡って対象の高齢者と向き合うことになります。コミュニケーション能力はもちろんですが、ひとりひとりの状態をしっかり見極める能力も重要となるのが機能訓練指導員です。

機能訓練指導員の勤務先

通所・入所を問わずに介護事業所では、1名以上の機能訓練指導員配置が義務づけられています。デイサービスと呼ばれる通所介護やショートステイと呼ばれる短期入所生活介護施設や老人ホームをはじめとして、介護療養型施設のような医療機関でも機能訓練指導員は幅広く活躍します。

介護系施設

機能訓練指導員が勤務する介護系施設としては、主に以下のようなものがあります。

  • 通所介護(デイサービス)※地域密着型含む
  • 認知症対応型通所介護(グループホーム) 
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
  • 特定施設入居者生活介護
  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 
  • 有料老人ホーム

介護系施設で機能訓練指導員として勤務する際には、身体的機能の改善を目的とした機能訓練を行うことが主な業務内容です。どの介護系施設で働くかによっても機能訓練の方針は異なり、施設によっては機能訓練指導に加えて、介護スタッフに分類される業務を行うこともあります。

医療系施設

機能訓練指導員が勤務する介護系施設としては、主に以下のようなものがあります。

  • 介護老人保健施設 
  • 介護療養型医療施設 
  • 病院併設型リハビリステーション

医療系施設で機能訓練指導員として勤務する際には、医師や看護師などの医療関係者と連携しながら高齢者が退所した後の日常生活を適切に行うための機能訓練指導を行います。介護系施設と比較すると、医療系施設に入所している高齢者は介護重要度が高いことが多いです。そのため、医療系施設で機能訓練指導員として勤務する際には、より専門的な機能訓練指導を行う必要があります。

正社員としての機能訓練指導員の年収・給料はいくら

機能訓練指導員は医療系・福祉系の国家資格を取得していることが最低条件ですが、機能訓練指導員の年収や給料は実際どうなのでしょう。まずは正社員の機能訓練指導員として勤務する場合の年収や給料について解説します。

機能訓練指導員全体での平均年収

求人ボックス給料ナビの統計では、正社員の機能訓練指導員の平均は約349万円という結果が発表されています。Indeedの求人募集統計では約350万というデータが出ているため、正社員としての機能訓練指導員の年収は約350万前後と見てよいでしょう。厚生労働省が発表している「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」では、基本給+手当+一時金の総額として約36.4万程が平均月収であると発表しています。

しかし、令和元年に国税庁が発表した調査では正社員の平均年収は約503万と発表されているため、平均よりは年収が低い傾向にあります。

ただし、勤務している介護施設や医療施設が介護職員得特定処遇改善加算を届け出ている場合には、平均年収が高くなりやすいです。厚生労働省が発表している「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」によると、介護職員得特定処遇改善加算を届け出ている事業所と届け出ていない事業所では約9440円の差があるため、勤務先が介護職員得特定処遇改善加算を届け出ているかどうかも、高年収を狙うために把握しておくべき点です。

各地方ごとの機能訓練指導員の平均年収

国内の各地域別に正社員としての機能訓練指導員の年収を比較すると、もっとも平均年収が高いのは関東地方で約361万です。一方でもっとも平均年収が低いのは北海道・東北であり平均年収が約304万程と、関東と比較すると57万程の差があります。なるべく高年収で機能訓練指導員として勤務したいという場合には、関東地方の医療系・介護系施設で正社員を目指すのがおすすめです。

非常勤やパート・アルバイトとしての機能訓練指導員の年収・給料はいくら?

日本における正社員の平均年収と比較すると、機能訓練指導員の平均年収は低い傾向にあるということがわかりました。では次に、非常勤やパート・アルバイトの機能訓練指導員として勤務する際の年収・給料を解説します。

アルバイト・パートと派遣社員での機能訓練指導員の時給

アルバイト・パート・派遣社員の機能訓練指導員として勤務する場合、その殆どが月収換算ではなく時給で勤務することがほとんどです。求人ボックス給料ナビによると、アルバイト・パートの機能訓練指導員の場合には平均時給が約1298円、派遣社員の機能訓練指導員の平均時給は1799円であることがわかります。

東京都のアルバイト・パートの平均時給は1203円と言われているため、アルバイト・パートの機能訓練指導員として働く場合にはやや高めの時給で働くことが可能です。

派遣社員は業種によってバラつきがあるものの、営業・販売・サービス業で約1400円程と言われています。この統計で考えると、アルバイト・パートと同じように派遣社員の機能訓練指導員として働く場合も、平均よりかはやや高めの時給で勤務することが可能です。

また、厚生労働省が発表している「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」では、基本給+手当+一時金の総額として非常勤・時給で勤務する機能訓練指導員の平均月収は約9.2万程であると発表しています。

非常勤の場合は保有している国家資格で給料に差が出る

「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」で発表されている各介護職員の平均月収一覧で、もっとも月収が高いのが看護職員の12.6万です。統計の中で機能訓練指導員は2番目に月収が高いものの、看護師または准看護師免許を取得している方のみ対応できる看護職員の方が月収が高くなることがわかります。介護系施設では機能訓練指導員と看護職員を兼任することも珍しくないため、非常勤の機能訓練指導員として勤務して高年収を目指したい場合には、看護師や准看護師の国家資格の取得を検討するのも一考です。

機能訓練指導員として年収を上げるためには?

機能訓練指導員としての年収は保有している資格によって差が出ることをお伝えしました。では平均年収よりも低めな年収を上げるためにはどうしたらよいのでしょうか。機能訓練指導員としての年収を上げるヒントを2つお伝えします。

特別養護老人ホーム(特養)での勤務

特別養護老人ホームで要件を満たし、入居している高齢者の状態に応じて機能訓練を行う場合、個別機能訓練加算が算定されます。2014年の厚生労働省の調査では、特別養護老人ホームでの個別機能訓練加算は約49%の施設が算定しているということもあり、通常の介護施設や医療施設で勤務するよりも高年収の機能訓練指導員として勤務することも可能です。

他の業務と兼任する

機能訓練指導員として勤務していたとしても、通所介護事業所の管理者や看護職員、生活相談員などの職種と兼任することができます。看護職員を兼任する場合には、看護職員として従事していない時間帯において機能訓練指導員として勤務することは差し支えないとされているため、看護師または准看護師の国家資格を取得していれば、看護職員と兼任している分年収を上げることも可能です。主任や課長などの管理側に回ることでも、その分手当が上がりやすくなるため、年収が上がりやすくなります。

まとめ

機能訓練指導員の年収や給料について解説しました。全体的な正社員としての平均年収よりも、正社員として勤務する機能訓練指導員はやや年収が低い傾向にはあるものの、他の介護職よりかは年収が高い傾向にあることがわかります。また、看護師・准看護師の国家資格を取得していれば看護職員として勤務することもできるため、年収アップを目指すことも可能です。より年収が高い機能訓練指導員として活動したい場合には、他の医療系国家資格を取得したり、特別養護老人ホームなど加算がある施設での勤務を検討しましょう。

お役立ち資料