logo
お役立ち資料
新規CTA

整体師の年収は?年収UPの方法・独立開業した場合の想定年収まで徹底解説

「整体師ってどのぐらい給料もらえるの?」

「独立したとしたら、どのぐらい儲かるの?」

整体師として働いていたら、そのような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、整体師の平均年収、年収UPのための方法、独立した場合の目安となる年収を解説していきます。

いま整体師として働いている方も、これから整体師を目指すことを考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

整体師の平均年収は?

まずはじめに、整体師の平均年収についてみていきます。

整体師として働く際には「雇われて働く場合」と「自身で整体院を開業して働く場合」とがあります。

ここでは雇用形態ごとに「正社員」「アルバイト」として雇われて働く場合と、「整体院経営者」に分けて見ていきましょう。

正社員の場合

求人ボックスによると、正社員の場合の平均年収は367万円前後。月収では31万円前後が相場です。ひとくちに整体師といっても、整体院、カイロプラクティック、スポーツジムなど勤務先はさまざま。

勤務先の形態によってはは歩合給となっている場合も多く、固定客をしっかりと獲得できれば平均よりも高い年収を獲得できるでしょう。

アルバイトの場合

アルバイトの場合、給与の支給は月給ではなく時給となります。求人ボックスによると、パート・アルバイトの平均時給は993円です。1日8時間・月20日働いたとすると、

993円 ×  8時間 ×  20日 ×  12ヶ月 = およそ190万円ほどの年収になると計算できます。

東京都など一部の地域は、2021年11月現在で最低賃金が1,041円と高く地域によって差がありますので、あくまで平均として目安にしてみてください。

院経営者の場合

独立し一人で整体院を経営する場合、年収は保証されておらず、経営スキル次第で大きく変動します。

仮に客単価を5,000円、1日8人のお客様に施術をし、20日営業したとすると月の売上はおよそ80万円前後になります。

継続的にに毎月同じ売上をあげたと仮定して、年商960万円。そこから月々の店舗家賃や広告宣伝費、雑費などを差し引くと、開業し、軌道にのった場合の年収は約600万円程度が目安になりそうです。

整体師の年収の上がり幅は?

正社員として雇われて働いた場合の平均年収は367万円と、日本全体の平均年収よりもやや低い結果でした。

ですが、求人ボックスによると、整体師の年収の分布は265〜577万円に分布しており、経験やスキルによっては上がり幅があるようです。

整体師として年収を上げるには?

それでは整体師として年収を上げるにはどうすればよいでしょうか。

せっかく働くのであれば、自身の働きに対してちゃんと給料を得たいですよね。

年収を上げるためには、自分のスキルに「付加価値」をつけることが大事です。

そこでここからは「付加価値」の付け方として代表的な以下の3つを紹介していきます。

  • 整体師の年収UPの方法① 資格を取得する
  • 整体師の年収UPの方法② 店長、エリアマネージャーへ昇格する
  • 整体師の年収UPの方法③ 副業で副収入を得る

整体師の年収UPの方法① 資格を取得する

資格手当の支給がある整体院であれば、資格を持っているだけで給与を増やすことができる場合もあります。

さらには、資格取得に向けた勉強の過程で知識が増え、施術スキルを上げることができるため、お客様からの支持を得ることも可能です。

お客様からみても無資格の整体師よりは、有資格の整体師のほうが安心感があり、施術をお願いしたい気持ちは高まるでしょう。

結果として固定客を獲得し、整体院全体の売上や歩合給の向上につなげていくこともできます。

整体師の年収UPの方法② 店長、エリアマネージャーへ昇格する

店長やエリアマネージャーなど、役職に就くのも、年収をあげるひとつの方法です。

接骨院・整体院などで経験・スキルを積み、院長やエリアマネージャーなどを任される立場になると、責任が伴う分、昇給できる可能性が高いです。

また転職する際にも、マネジメント経験があることはひとつのスキルとして評価され、次の職場での高年収に繋がりやすいです。

整体師の年収UPの方法③ 副業で副収入を得る

これまで培ってきた自身のスキル・知識を活用した副業を始めることで、収入源自体を増やす方法もあります。

例えば「顧客満足度を上げる整体施術の方法」や「集客のノウハウ」などをテーマにしたセミナー実施やコンサルティングの提供などの副業で年収アップを目指せます。

ただし、独立しておらず整体院・リラクゼーションサロン等に勤めている場合は、副業が禁止されている場合もあるので、副業を始める前に雇い主の許可を得ることを忘れないように気を付けましょう。

整体師として独立開業した場合の年収は?

ここまで雇われ整体師として年収を上げる方法を見てきましたが、さらに年収をあげたい場合、独立開業が視野に入ってきます。

独立開業した場合、どの程度の年収を得ている人が多いのでしょうか。

独立した場合、個々人のスキルや経営センスによるところが大きいので、年収帯はピンからキリまで幅広いです。

ここではひとつの目安として、開業初年度から分院経営までうまく軌道に乗せることができた場合の年収をお伝えします。

開業初年度の年収は?

開業を見据え雇われている時から、集客に関するマーケティングの勉強を地道に積み重ねていた整体師は、1年目から繁盛院を作ることもでき、その場合、年収は600万円~800万円ほどです。

ただ、このような整体師は全体の5%に満たないと言われています。

マーケティングは詳しくなくとも、治療技術がそれなりに高くて人柄もよく、自然とリピートを獲得できる整体師もいます。

その場合の1年目の年収は雇われの時よりも少しだけ多い400万~600万の収入が目安です。

一方で、残念ながらきちんと準備をせずに開業してしまい、今までの患者さんがついてきてくれなかった場合は、さらにそれよりも低い年収になります。

安定して集客できてからの年収は?

それでは安定して集客ができ、軌道に乗せることができた場合、どのぐらいの年収になるでしょうか。

マーケティングに長けていなくても地道な努力で患者様の信頼をかちとり、徐々に売上を伸ばせた場合、年収はおよそ800万円ほどです。

マーケティングに長けており、施術費以外に物販など他の収入の柱を増やすことができた場合、中には1000万円以上の年収を得ている整体師もいます。

そうなってくるとスタッフの雇用も視野に入れられます。

スタッフが育つようになれば、その整体師の人数で2倍〜3倍の年商をあげられることもあるでしょう。

分院経営の院長の年収は?

自院でスタッフを雇い、そのスタッフが成長し院長のレベルにまで育ってきたら、次に考えるのが分院展開です。

分院展開を成功させるには、院長を任せるスタッフと二人三脚で歩めるような高度な人心掌握が必要ですし、さらに深く経営知識を身につける必要があります。

分院展開に成功した整体師の年収は、1院×1000万円と言われています。

もし5院の展開に成功している整体師なら年収5000万円も夢ではないという計算になります。

まとめ

ここまで整体師の平均年収をご紹介しました。

正社員として雇われて働く整体師の場合、平均年収は367万円前後です。

ただし雇われて働く場合、年収の上がり幅にも限界があります。

さらに年収を上げたい場合、独立開業が視野に入ります。

独立開業したら、整体師としての施術スキルの高さだけでなくマーケティングや経営など幅広い知識が必要になり、成功するか次第で年収が大きく変わることを見てきました。

雇われ整体師でも独立開業した場合であっても、年収は、お客様への価値提供の度合いが跳ね返った結果です。

年収を上げる近道は存在せず、お客様へ価値提供できるよう学び続けられるかどうかが、年収を上げる1番のポイントとなりそうです。

お役立ち資料