logo
お役立ち資料
新規CTA

スポーツトレーナーにおすすめの資格は?保有率が高い資格もご紹介

スポーツ業界に関わる仕事は数多くありますが、中でも近年、需要が高まってきているのがスポーツトレーナーの仕事です。

本記事では、スポーツトレーナーになるために必要な資格をはじめ、持っておくと役立つ資格、スポーツトレーナーの保有率が高い資格などについてご紹介します。スポーツトレーナーを目指している方はぜひ参考にしてみてください。

スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーは運動する人が常に最高の状態でパフォーマンスを発揮できるよう、トレーニング指導や健康管理、ケガの応急処置、復帰までのサポート、心身のコンディショニング調整などを行う職業です。

以前はプロスポーツチームや実業団に所属し、選手に対して指導を行うのが一般的でしたが、最近では人々の健康志向が高まってきていることもあり、一般人を対象に指導を行うスポーツトレーナーも増えています。

スポーツトレーナーになるためには

スポーツトレーナーになること自体はさほど難しくありません。

もちろん人の身体に触れる以上、トレーニング・ストレッチ理論などの専門知識やテーピングの技術などを習得しておく必要はありますが、実は独学でもスポーツトレーナーを目指すことは可能です。

では具体的に、どうしたらスポーツトレーナーになれるのかご紹介しましょう。

スポーツトレーナーに必要な資格

スポーツトレーナーになるために、必ずしも取得しなくてはいけない資格はとくにありません。言ってしまえば無資格でもスポーツトレーナーと名乗ることは可能です。

ただ、スポーツの現場ではケガの予防や応急処置、復帰までのサポートなど、代替医療が求められるシーンも多いため、医療系の国家資格を持っておいた方が有利といえます。

また、スポーツトレーナーは人の身体に触れる仕事であるため、スポーツトレーナー向けの民間資格を取得しておくと、必要な専門知識や技術を習得している証明になり、信頼を得やすくなります。

 

スポーツトレーナーになるまでの流れ

スポーツトレーナーになるには、高校卒業後にスポーツ系あるいは医療系の大学・専門学校へ通い、必要な知識と技術を学んで関連資格を取得するルートが望ましいといえます。

通学が難しかったり、社会人からスポーツトレーナーを目指したりする場合は、働きながらでも試験を受けられる資格の取得を検討してみましょう。

また、プロのチームや選手を受け持つスポーツトレーナーになるには、資格取得後に実績を作っていくことも大切です。まずはスポーツジムやフィットネスクラブなどでスポーツトレーナーとして働き、経験・実績を積んでおきましょう。

独学はデメリットが多い

スポーツトレーナー向けの民間資格は独学で取得することも可能です。

ただし、資格によっては実技試験が行われる場合もあるため、独学で資格取得を目指す場合は筆記・実技の両方を自身で調べて確認しなくてはなりません。

そのため、独学はスクールに通うよりも資格取得に時間がかかる可能性が非常に高いといえます。長期間モチベーションを保ち続けなくてはいけないことも、独学のデメリットといえるでしょう。

加えて、スポーツトレーナー向けの民間資格には、受験資格が定められているものも多くあります。発行元の協会に入会したり、協会が開いている講習会を受講したりしなければ受験資格が得られないこともあるため、完全に独学で資格取得を目指すのは難しいといえるでしょう。

【種類別】スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーはアスレティックトレーナーやメディカルトレーナーなど、いくつかの種類に分類されます。

種類によって専念する仕事内容が変わってくるので、各トレーナーの特徴を参考しながら、自身が目指したいスポーツトレーナーがどれなのか考えてみてください。

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーは主にケガの対応と選手の体調管理を行う役割を担っています。

プロのアスリートを担当するスポーツトレーナーが多く、具体的には練習や試合でケガをした際に応急処置をしたり、再発予防のためのトレーニング指導を行ったりします。

また、未然にケガを防ぐために、選手のコンディションに目を配るのもアスレティックトレーナーの大事や役目です。

メディカルトレーナー

メディカルトレーナーは選手がケガをした際に、復帰までをサポートするトレーナーです。

選手が1日でも早く復帰できるよう、身体の状態を見ながら適切なトレーニングを組んだり、運動機能を回復させるためのアドバイスを行ったりします。

アスレティックトレーナーと仕事内容が若干似ていますが、メディカルトレーナーはスポーツ現場ではなく、医療機関で働くことがほとんどです。

ストレングストレーナー

ストレングス(Strength)とは日本語で「強さ」を意味します。その意味合い通り、ストレングストレーナーは選手の筋力アップや持久力の向上、ケガに強い体づくりなどを意識したトレーニングメニューの作成および指導を行うトレーナーを指します。

パフォーマンスの向上だけでなく、ケガの予防に考慮したプログラムを考えたり、選手にドーピングなどの教育を行ったりするのもストレングストレーナーの仕事の1つです。

コンディショニングトレーナー

コンディショニングトレーナーとは、選手の身体的サポートを行うトレーナーのことです。フィジカルトレーナーとも呼ばれます。

試合で選手がパフォーマンスを最大限に発揮できるよう、筋力・瞬発力・持久力などを高めるためのトレーニングを作成したり、食事や生活習慣に関するアドバイスをしたりするのが主な仕事です。

監督やコーチと一緒に練習のスケジュールを考えることもあり、プロスポーツチームだけでなく、大学や高校の部活でも活躍しています。

フィットネストレーナー

フィットネストレーナーは、主にスポーツジムやフィットネスクラブに通う一般の方を対象に、健康的な身体作りや運動機能を高めるためのアドバイスをするのが仕事です。

指導対象の性別や年齢、トレーニングの目的、身体能力などに合わせて最適な運動メニューを作成したり、マシンの使い方などについて指導したりします。

役割としては概ねスポーツインストラクターと同じであると考えてよいでしょう。

スポーツトレーナーにおすすめの資格

無資格でもスポーツトレーナーとして働くことは可能ですが、現場では選手の身体状況を診断したり、実際に触れて処置をしたりするケースが多いため、医療系の知識を持っていることを証明する資格があると大変有利です。

また、アスレティックトレーナーやトレーニング指導者などの民間資格も、スポーツトレーナーに必要な知識や技術を身につけている証明となります。

ここではスポーツトレーナーを目指す方におすすめの資格を6つご紹介します。

柔道整復師

柔道整復師は医師を除いて唯一、骨折・捻挫・脱臼・打撲などの治療ができる専門職です。医師と違い、手術は行えませんが、手技やテーピングで施術をすることができます。

骨折や脱臼の応急処置や救急車を呼ぶなどの判断も的確にできるため、アスレティックトレーナーやメディカルトレーナーは柔道整復師の資格を取得しておくと非常に役立ちます。

柔道整復師の資格を取得するには、大学や専門学校などの養成校に3年以上通い、厚生労働省が実施する国家試験に合格することが必要です。

近年の合格率は60%前後を推移しており、難易度はやや高めです。しかし、解剖学・生理学・運動学などについてしっかり学び、試験対策を行えば、決して不可能な数値ではないでしょう。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師はその名の通り、あん摩・マッサージ・指圧と3つの技術を使って身体の調子を整える仕事です。

マッサージ分野における業務独占資格で、禁忌症・脱臼・骨折などの症状を除き、医師の指示や判断なしに治療を行うことができます。

スポーツトレーナーとして働く上では、選手のケガ予防や疲労軽減などにあん摩マッサージ指圧師の資格が役立ちます。

あん摩マッサージ指圧師も国家資格であるため、取得するには文部科学大臣や厚生労働省大臣が認定する学校・養成施設で3年以上学び、国家試験に合格しなくてはなりません。

ただ合格率は毎年80%前後を推移しているため、難易度はそれほど高くないといえるでしょう。

鍼灸師(はり師・きゅう師)

鍼灸師ははり師ときゅう師の資格を両方持つ東洋医学のプロです。

はり師・きゅう師はどちらもツボを刺激して自然治癒力を高めたり、身体の不快症状を軽減したりする施術を行いますが、はり師はステンレス製の細い針、きゅう師はもぐさと呼ばれるよもぎの葉を精製したものを使うのが特徴です。

それぞれ独立した国家資格ですが、一緒に取得するケースが多いため、鍼灸師と呼ばれます。

はり師ときゅう師の資格を両方取得しておけば、身体の自然治癒力を高める施術ができるようになるため、選手の良好なコンディションを維持しやすくなるでしょう。

資格取得には厚生労働省もしくは文部科学省が指定する鍼灸師の養成学校に3年以上通い、国家試験に合格することが必須です。

国家試験の合格率は、はり師・きゅう師ともに70%前後を推移しています。

理学療法士

理学療法士はケガや病気などの影響で身体が不自由になった人に対し、運動療法・電気療法・マッサージ療法などを行う専門職です。

運動機能を回復させるための知識や技術が身につくため、ケガをした選手の復帰サポートに専念するメディカルトレーナーにはとくにおすすめの資格といえます。

理学療法士も国家資格で、資格取得には3年制もしくは4年制の養成学校で教育を受けたのち、国家試験に合格する必要があります。

合格率は年々減少傾向にあり、2021年は79.0%と、5年前の合格率90.3%を大幅に下回る結果となっています。

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO)

日本スポーツ協会が発行している民間資格で、スポーツトレーナーとしての知識や技術を身につけていることを証明する資格です。

JSPO公認スポーツドクターあるいは公認コーチとの緊密な協力のもと、選手の健康管理やケガの応急処置、アスレティックリハビリテーション、コンディショニング調整を行います。

民間資格のため、学校や専門施設に通う必要はありませんが、資格取得の権利を得るには日本スポーツ協会が開催する講習会に全日程参加する、あるいは適応コース承認校で指定カリキュラムを受講する必要があります。

毎年の試験合格率は公表されていませんが、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーはトレーナー系資格の最難関と言われており、難易度は高めです。

日本トレーニング指導者協会 トレーニング指導者(JATI指導者)

日本トレーニング指導協会が発行する民間資格で、トレーニング指導者・上級トレーニング指導者・特別上級トレーニング指導者の3つから構成されます。

初級レベルに相当するトレーニング指導者は、指導対象に最適なトレーニングメニューを作成・指導するために必要な知識を習得したと認められた人に与えられます。

資格は日本トレーニング指導者協会に入会して、講習会受講・課題提出・試験合格することで取得することができます。

スポーツトレーナーに人気の資格と保有率

スポーツトレーナーとして働く上で役立つ資格は複数ありますが、その中でも日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーはスポーツトレーナーから非常に人気です。

2018年に行われた『日本のトレーナー実態調査(※)』でも、約8割の人が日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格を保有していると回答していました。

また、医療系の国家資格を保有するスポーツトレーナーも多く、回答者全体の3割ははり師・きゅう師の資格保有者であることも明らかになっています。

柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・理学療法士は全体の約2割が資格を保有していると回答していました。

このことからも分かるように、関連資格の取得はスポーツトレーナーを目指す上で非常に重要です。

とくに就職面では資格を保有している人ほど有利になるため、スポーツトレーナーになりたいと考えている方は、ぜひ資格取得を検討すべきといえるでしょう。

まとめ

スポーツトレーナーになるために必要な資格はありませんが、現場ではケガの対応をするケースが多いため、正しい知識や技術を身につけておく必要があります。とくにプロのチームや選手を受け持つスポーツトレーナーを目指すなら、なおのこと医療系の国家資格は取得しておいたほうがよいでしょう。

また、スポーツトレーナーの多くはアスレティックトレーナーをはじめ、スポーツトレーナー向けの民間資格も取得しています。

スポーツトレーナー向けの民間資格は専門知識や技術を身につけている証明となるため、スポーツトレーナーになりたいと考えている方はまずこの資格を取得しておくのが望ましいといえるでしょう。

 

お役立ち資料