logo
お役立ち資料
新規CTA

歯科衛生士の資格は働きながらでも取れる?学校、勤務先、関連資格について解説!

歯科衛生士を目指すとなると、専門学校への通学が必要というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実は、歯科衛生士は働きながらでも資格取得を目指すことができるんです。そして、歯科衛生士は歯科医院・クリニックだけではなく幅広い分野で活躍できる職業でもあります。本記事では、歯科衛生士の資格を取るための流れや、歯科衛生士の方におすすめの資格をご紹介します。

歯科衛生士とは?

歯科衛生士は歯科衛生士法に基づいて制定された国家試験を合格した方のみが就業できる役職であり、歯科医師が歯科治療を円滑に行えるようにサポートし、人々の口腔内の健康を支える医療専門職です。歯科衛生士について、詳しく解説します。

歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士の仕事内容は大きく分けて「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つに分類できます。

「歯科予防処置」では虫歯や歯周病の予防のための歯石除去や紙面研磨などを行うことで、歯と口腔内の病気を予防し、健康を維持・促進します。

「歯科診療補助」では患者さんが不安や負担なく治療を受けられるようサポートすることであり、唾液除去やコミュニケーションのやりとりなどが含まれます。

「歯科保健指導」では子どもから高齢者までひとりひとりに合った歯磨き方法やセルフケア方法を指導することで、生活習慣を改善するサポートが業務内容です。

歯科衛生士に向いている方の特徴

歯科衛生士は、勤務する歯科医院・クリニックがある地域の方々の口腔・歯の健康を支える医療専門職です。そのため、人の力になりたい方や、人の役に立ちたい方におすすめです。歯科医院・クリニックは子どもから高齢者までさまざまな方が来院するため、年齢を問わずにコミュニケーションを取るのが好きな方にもおすすめできます。

なお、歯科衛生士は資格さえ持っていればブランクがあっても雇用すると謳っている歯科医院・クリニックも多く存在します。

歯科衛生士の年収・給料

求人ボックスに掲載されている求人情報の統計によると、正社員としての歯科衛生士の年収は約363万円です。

なお、「第21回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告」によると国立病院・公立病院で勤務する歯科衛生士の年収やボーナスが高い傾向にあり、国立病院では平均年収が369万円、ボーナスが約100万円ということがわかります。

働く歯科医院・クリニックによっては認定歯科衛生士などの資格を取ることで、追加の資格手当が発生することもあるため、目安の月収としては25~30万円と考えるのが無難でしょう。

歯科衛生士になるために資格は必須!

歯科衛生士は医療系国家資格であるため、国家試験を合格しなければ歯科衛生士として就業することはできません。歯科衛生士の国家試験を合格するためには、まず歯科衛生士養成機関として認可されている大学・短大・専門学校で、歯科衛生士に求められる知識や技能を習得し、卒業することが求められます。

実際に歯科衛生士養成機関でどんなことを学ぶのか、国家試験受験までの流れを解説します。

歯科衛生士養成機関で学ぶこと

歯科衛生士養成機関で学ぶことは「歯科衛生士学校養成所指定規則」で規定されており、基礎分野・専門基礎分野・専門分野・選択必修分野を履修する必要があります。

専門基礎分野では歯・口腔を除いた人体の構造と機能、歯・口腔の構造の機能、疾病の成り立ち及び回復過程の促進、歯・口腔の健康と呼ぼうに関わる人間と社会の仕組みを学び、専門分野では実際に歯科衛生士として働くための理論を学んだり、実習を受けたりします。

養成機関によって異なりますが、どの養成機関であっても3年以上学んで卒業することで国家試験の受験資格を得ることが可能です。

①四年制大学・三年制短期大学への入学

四年制大学や三年制短期大学に入学する場合、入学する学科は口腔保健学科、歯科衛生学科、歯科衛生士学科などです。大学・短大に入学して歯科衛生士を目指す場合に把握しておきたいのは、歯科衛生士になるための勉強だけではないということです。各学校によって異なりますが、大学・短大の場合には一般教養やビジネスマナーなど、企業への就職に必要な知識などもカリキュラムに含まれることが多い傾向にあります。

歯科衛生士になるための勉強だけをしたいという方や、歯科衛生士以外での就職は考えていないという方にとっては、不要な勉強をする可能性が高いです。しかし、将来的な展望を考えて、歯科衛生士以外の職業を目指したくなった時や、歯科衛生士になってからのキャリアを考えると、一般教養などを学べる大学・短大に通うことで選択肢を増やすことにも繋がります。

四年制大学、三年制短期大学のどちらであっても卒業すれば国家試験の受験資格を得ることはできるため、選択肢や視野を広げたいという方には四年制大学や三年制短期大学への入学をおすすめします。

②専門学校

三年制がほとんどである専門学校に入学する場合、歯科衛生士になるための勉強や実習などを効率的に行うことが可能です。他の生徒も歯科衛生士になりたいと考えている方が集まるため、歯科衛生士になった後のコミュニティを広げたり維持したりしやすいのも専門学校の特徴です。歯科衛生士養成機関としてのカリキュラムは四年制大学や三年制短期大学と同じであるため、専門学校だからといって学びが不足することはありません。

また、専門学校の中にはカリキュラムを早く終わらせて国家試験対策授業を行ったり、文部科学省から「職業実践専門課程」の認定を受けていたりする専門学校もあります。歯科衛生士として就職して即戦力になりたい方や、歯科衛生士になるためだけの授業を集中して受けたい方には専門学校がおすすめです。

③夜間の歯科衛生士養成施設

働きながら歯科衛生士を目指したいという方には、夜間部や二部を設けている歯科衛生士養成施設に入学することをおすすめします。夜間部や二部を設けている歯科衛生士養成施設の多くは専門学校であり、三年制または四年制でのカリキュラムが組まれています。夕方以降の受講であっても一般的な歯科衛生士養成施設と同じ授業や実習を受けることができるため、特に現在の就職先の退勤時間が固定の方は学習しやすい環境が整っていることがほとんどです。また、入学する歯科衛生士養成施設によっては、教育訓練給付制度や奨学金、社会人入学制度などが設けられていることもあるため、昼間部に入学するよりも安く入学できる可能性があります。夜間の歯科衛生士養成施設であっても、卒業すれば他の選択肢同様に国家試験の受験資格を得ることができます。

歯科衛生士の資格を取得した後の就職先

歯科衛生士養成施設を卒業して晴れて国家試験に合格したら、歯科衛生士として働くことができるようになります。歯科衛生士と聞くと歯科医院やクリニックが就職先として思い浮かぶ方もいると思いますが、本記事では歯科医院・クリニック以外の就職先も紹介します。

歯科医院・クリニック

平成30年衛生行政報告例〔就業医療関係者〕の概況によると、もっとも多く歯科衛生士が就業先として選ぶのは診療所(歯科医院・クリニック)でした。来院する地域の患者さんの口腔・歯の健康サポートを行うのが主な業務です。

ホワイトニングサロン・クリニック

近年歯の白さや美しさなどに特化した審美歯科の需要が増えている傾向にあります。その中でもニーズが多いのが「歯のホワイトニング」です。ホワイトニングに特化した歯科医院やクリニックの多くでは、歯科医師の指導のもと歯科衛生士が中心となって施術します。歯科衛生士が取得できるホワイトニングに関する資格もあるため、歯の見た目の美しさなどをサポートしたい方にはおすすめの就職先です。

一般病院

町の歯科医院やクリニックではなく、大学病院や総合病院などに就職するのも歯科衛生士の進路のひとつです。歯科医師の診療補助はもちろん、口腔外科手術のサポートや、手術前後の感染症予防指導なども業務内容に含みます。町の歯科医院やクリニックと比べてさまざまな臨床経験を積むことができたり、勉強会が開かれたりするため向上心の強い方におすすめの就職先です。

行政機関

歯科衛生士の資格を取得すれば、都道府県や市区町村が運営する保健センターや保健所に公務員として勤務することもできます。保健センターや保健所で歯科衛生士として勤務する場合は乳児検診や妊婦の虫歯予防相談、高齢者の口腔ケア、教育機関での歯磨き指導などを行うため、地域の方々の歯と口腔の健康を支えるやりがいのある進路です。

歯科材料・器材メーカー企業

歯科衛生士の知識を活かし、歯科に関する医療機器や治療用品を開発・制作する企業に就職するのも歯科衛生士の進路のひとつです。歯科業界は新しい技術が導入されやすい業界でもあるため、より新しい歯科治療技術に携わりたい方におすすめの進路です。

介護保険施設

高齢化社会と言われる現代社会では、介護施設や老人福祉施設などでも口腔管理を重要視されはじめており、歯科衛生士を配置する介護保険施設が増えてきています。ただ歯や口腔ケアをサポートするだけではなく、飲みこんだり食べたりする行為といった、日常動作のサポートなども主な業務内容に含むのが特徴です。

歯科衛生士養成学校

歯科衛生士として一定期間以上の臨床経験がある場合、歯科衛生士養成施設の教員になることも可能です。知識や実技の講習だけではなく、実際に歯科衛生士として働いたからこそ伝えられる経験談なども合わせて教えることで、より質の高いサービスを提供できる歯科衛生士を育成します。

歯科衛生士の資格取得後におすすめの資格

歯科衛生士の国家資格を取得したあと、キャリアデザインに悩む方も多いのではないでしょうか。そんな時、スキルアップに役立つおすすめの資格をジャンル別にご紹介します。

専門性を高めたい歯科衛生士におすすめの資格

歯科衛生士としてもっと精通した知識や技術を身に付けたいという方には、以下の3つの資格がおすすめです。

  • 日本歯科衛生学会認定歯科衛生士
  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士
  • インプラント専門歯科衛生士

3つの資格の中でも、専門的かつ高度な知識・技術を身に付けたい方には「日本歯科衛生学会認定歯科衛生士」をおすすめします。資格を取得すれば生活習慣病予防から在宅療養指導、糖尿病予防、医科歯科連携とさまざまな専門分野に特化した知識・技術を身に着けていることの証明になるため、より深く専門的な知識・技術を求めている方に向いている資格です。

介護方面に進みたい歯科衛生士におすすめの資格

歯科衛生士として稼働する中で、介護や福祉の方面から歯・口腔の健康を支えたいと考えている方には、以下の3つの資格がおすすめです。

  • 認定訪問歯科衛生士
  • 日本口腔リハビリテーション学会認定歯科衛生士
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

介護・福祉の現場において歯科衛生士の仕事は入れ歯は歯の健康チェックだけではなく、口腔内部のチェックや、口の体操などを行うこともあります。その中でも、高齢者の食事後に口腔内に食べ物が残っていないかをチェックすることは重要な役割です。口腔内に食べ物が残っていると肺炎や誤嚥に繋がる恐れもあるため、しっかり確認する必要があります。これらに加えて噛んだり飲みこんだりするための動作の指導やリハビリなどを行うこともあるため、上記の資格があると、ひとりひとりの高齢者に合った歯・口腔ケア指導を行うことが可能です。

美容方面に進みたい歯科衛生士におすすめの資格

歯科衛生士として、歯の見た目や美しさの観点から患者さんをサポートしたいと考えている方には、以下の6つの資格がおすすめです。

  • 日本歯科審美学会 歯科衛生認定士
  • ホワイトニング コーディネーター
  • 認定矯正歯科衛生士
  • 美容口腔管理認定歯科衛生士
  • 日本アンチエイジング歯科学会認定歯科衛生士
  • 歯並びコーディネーター

歯の見た目や美しさを重要視する風潮は強まっており、審美歯科や矯正歯科、ホワイトニング専門歯科などの数も増えてきています。これらを扱う歯科医院・クリニックでは歯科医師の指導のもと歯科衛生士が施術することも多いため、より専門的な知識や経験を求められがちです。そのため、より美容方面に特化した歯・口腔ケアを提供したいという方は、上記6つの資格のいずれかを取得してみてはいかがでしょうか。

小児歯科に勤めたい歯科衛生士におすすめの資格

子どもの歯・口腔ケアに携わりたい歯科衛生士の方におすすめの資格は以下の2つです。

  • 日本小児歯科学会認定歯科衛生士
  • 認定矯正歯科衛生士

小児歯科では小児患者さんの歯や口腔内のケアだけではなく、口腔機能の発達具合や歯列不全、噛み合わせの改善・予防を行います。超高齢化社会が訪れている現在では、幼少期からの歯科疾患の予防と治療による対策が重要視されているため、小児歯科領域における高い歯科衛生士の存在が不可欠と言われています。そのため、小児歯科に携わりたい、今後も携わっていきたい方には小児歯科に特化した「日本小児歯科学会認定歯科衛生士」や「認定矯正歯科衛生士」の取得をおすすめします。

まとめ

歯科衛生士の資格について解説しました。歯科衛生士の資格は認可された大学・短大・専門学校を卒業して国家試験の受験資格を取得して無事国家試験に合格すれば取得することができます。夜間や二部制の養成施設もあるため、働きながら国家資格を取得することも可能です。また、歯科衛生士の進路や関連資格も多数あり、想像していなかった選択肢が合った方もいるのではないでしょうか。自分がどんな歯科衛生士になりたいかを考え、より実現できそうな進路を検討してみてください。

お役立ち資料