logo
お役立ち資料
新規CTA

歯科衛生士の年収はいくら?年齢・性別・勤務年数・勤務先ごとの年収を網羅して解説します!

医師や歯科医師は高年収なイメージを持つ方が多い傾向にありますが、歯科衛生士の年収はどうなのでしょうか。本記事では、各属性ごとの歯科衛生士の年収について解説します。

歯科衛生士とは?

歯科衛生士の年収や給料について解説する前に、意外と勘違いしやすい歯科衛生士の仕事内容や歯科助手との違いについて解説します。これから歯科衛生士を目指すことを検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

歯科衛生士の仕事内容

日本歯科衛生士会では歯科衛生士の仕事を「お口の健康づくりと口腔ケアで、笑顔のある健康な生活をサポートする!歯科衛生士は、生涯にわたって人の役に立つことができる仕事です」と説明しています。健康かつイキイキとした日常生活を送る上では、会話や食事を不便なくこなす必要があります。歯科衛生士は「歯科予防処置」「歯科診療の補助」「歯科保健指導」の3つに分類される業務によって歯科に関する病気を予防し、口腔内の衛生環境を向上させ、人々の歯・口腔の健康サポートを行うことが主な役割です。

歯科助手との違い

歯科衛生士と歯科助手の違いがいまいちピンと来ないという方も多いでしょう。一番わかりやすい歯科衛生士と歯科助手の違いは、歯科医療行為ができるかどうかです。歯科衛生士は歯科医療国家資格を保有しているため歯科診療補助や歯科予防処置、歯科保健指導を行うことができます。しかし、歯科助手は公的な資格はなく民間資格のみであるため、歯科医療行為を行うことはできません。歯科助手が行う主な業務は、受付・事務・片づけ・掃除など歯科医療行為に携わらない業務のみです。

歯科衛生士になるためには

歯科衛生士になるには国家試験を合格する必要がありますが、高等学校を卒業後に国が歯科衛生士養成機関として指定した大学・短大・専門学校のいずれかで歯科衛生士に必須な知識や技能を習得しなければ国家試験の受験資格を得ることはできません。なお、歯科衛生士養成機関はすべて3年制以上であるため、これから歯科衛生士を目指すとしたら3年以上はかかることを想定する必要があります。

【正社員】歯科衛生士の年収・給料・ボーナスを徹底解説!

歯科衛生士は国家試験の受験資格を得るために3年以上の時間がかかるのだから、年収が高いのだろうと考える方も多いのではないでしょうか。本記事では多くの方の参考になるよう、各属性ごとの歯科衛生士の年収・給料・ボーナスについて解説します。

【全体平均】歯科衛生士の年収・給料・ボーナス

歯科衛生士の勤務先は小規模な歯科医院・クリニックから大規模な大学病院のような医療機関まで幅広くあり、その上で一般病院と歯科診療所に分類されます。平成29年に実施された「第21回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告」によると、一般病院全体における歯科衛生士の年額での平均給与額は約309.3万円ほどであり、ボーナスとしては82.5万円が支給されているため、年収としては391.8万円ほどであることがわかりました。一方、歯科診療所として分類される医療機関全体での歯科衛生士の平均給与額は約245.8万円ほどであり、ボーナスとしては30.7万円が支給されているため平均的な年収総額としては276.5万円ほどです。一般病院と歯科診療所では100万円以上平均年収に差があることがわかりますが、これは一般病院の中に年収が高い傾向にある国立・公立病院が含まれているため、大きな年収差が生まれていると考えられます。

【男性】歯科衛生士の年収・給料・ボーナス

総務省が行った令和2年賃金構造基本統計調査の(職種)第1表によると、男性の歯科衛生士の月収平均は約42万円であり、平均支給ボーナス額は約145万円でした。この平均額から算出すると、平均年収としては約651万円ほどとなります。

この平均月収、支給ボーナス額、平均年収は就業先の規模を問わず全体的な平均です。就業先の規模別の統計としては、以下のような結果となります。

  • 10~99人規模:平均月収41万円、平均支給ボーナス額97.6万円、平均年収594万円
  • 100~999人規模:平均月収37.8万円、平均支給ボーナス額140.9万円、平均年収586万円
  • 1000人規模:平均月収44.7万円、平均支給ボーナス額197万円、平均年収692万円

【女性】歯科衛生士の年収・給料・ボーナス

男性の歯科衛生士と同様に、女性の歯科衛生士の年収・給料・ボーナスも総務省が行った令和2年賃金構造基本統計調査の(職種)第1表からわかります。女性の歯科衛生士の月収平均は約30.8万円であり、平均支給ボーナス額は約72.2万円でした。この平均額から算出すると、平均年収としては約447万円ほどとなります。

就業先の規模別の統計としては、以下のような結果となります。

  • 10人以上:平均月収37万円、平均支給ボーナス額120万円、平均年収555万円
  • 10~99人規模:平均月収28.9万円、平均支給ボーナス額47万円、平均年収404万円
  • 100~999人規模:平均月収28.5万円、平均支給ボーナス額55万円、平均年収399万円
  • 1000人規模:平均月収28.6万円、平均支給ボーナス額66万円、平均年収414万円

【経験年数別】歯科衛生士の年収・給料・ボーナス

総務省が行った令和2年賃金構造基本統計調査の(職種)第10表では、各年齢における経験年数ごとの平均月給、平均支給賞与額が明らかになっています。

1~4年目は20~29歳に限り21~24万円ほどが平均月収となっており、支給ボーナス額は年齢ごとに38~52万円ほどが支給されています。1~4年目では30歳を越えなければ年収300万円以上を目指すのは難しいですが、経験年数が5年目を越えると25歳頃であっても年収300万円以上を狙うことが可能です。もっとも平均月収・支給ボーナス額・年収が高いのは経験年数が5~9年目の45~49歳ゾーンであり、平均月収が32万円、支給ボーナス額が85万円であり平均年収としては約460万円程となります。

【都道府県別】歯科衛生士の年収・ボーナス

令和2年賃金構造基本統計調査の都道府県×職種DBによると、女性の歯科衛生士の平均月収がもっとも高かった都道府県は宮城県の33.4万円でした。その後に千葉県の32.7万円、滋賀県の32.5万円が続く結果となっており、年収が高そうなイメージのある東京都は29.7万円とやや下がる結果があることがわかります。

逆に平均月収が低い都道府県としては、栃木県の16.8万円、高知県の17.2万円、大分県の19.8万円です。これらの結果から、正社員雇用の歯科衛生士の平均月収が高い地方や都道府県は特に法則性がないことがわかります。

なお、平均月収がもっとも高かった宮城県は平均支給ボーナス額も高く115.3万円であるため、東北地方付近で歯科衛生士として就職を検討されている方は、宮城県での就職を検討してみるのも一考です。

【一般病院】歯科衛生士の年収・ボーナス

歯科衛生士の勤務先は歯科診療所や歯科クリニックだけではなく、国立病院や公立病院、公的医療機関、医療法人など「一般病院」と分類される医療機関も含みます。第21回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告によると、一般病院で働く歯科衛生士の平均年収は391万円ほどという結果がわかります。

一般病院に含まれる医療機関の中で、もっとも歯科衛生士の平均年収が高いのは国立病院であり、平均給料額は369万円、ボーナスが100万円ほどであるため平均年収としては約469万円ほどです。

逆に一般病院に含まれる医療機関の中で、もっとも歯科衛生士の平均年収が低いのは医療法人であり、平均給料額は264万円のボーナスが60.5万ほどの平均年収324万円ほどです。

統計全体を見ると国立・公立の医療機関で勤務する歯科衛生士の平均年収が高い傾向にあるため、歯科衛生士として高年収を目指したい場合は、一般病院の国立・公立での就職を検討してもよいでしょう。

【歯科診療所・クリニック】歯科衛生士の年収・ボーナス

歯科衛生士の勤務先として多くの方が想像するであろう歯科診療所、歯科クリニックで働く歯科衛生士の平均年収や平均給料額、ボーナス額も第21回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告に掲載されています。第21回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告では個人開院、医療法人に分類されており、個人開院の歯科診療所で勤務する歯科衛生士の平均年収は約261万円、医療法人の歯科衛生士の平均年収は約318万円です。

個人開院の歯科衛生士の平均ボーナス額は29.5万円、医療法人の歯科衛生士の平均ボーナス額は34.2万円と、一般病院と比較すると歯科診療所で勤務する歯科衛生士の平均年収、ボーナスと共にそれぞれ低い傾向にあります。

【年齢別】歯科衛生士の初任給

歯科衛生士は国家試験に合格しなければ歯科衛生士として勤務することができないため、初任給を貰う年齢はそれぞれで異なります。令和2年賃金構造基本統計調査の(職種)第10表によると、もっとも早く初任給を貰う年齢である20~24歳での平均月収は約26.9万円、平均ボーナス額66.7万円であることがわかります。

なお、25~29歳での平均月収は約42.8万円、平均ボーナス額48.2万円、30~34歳での平均月収は約48.4万円、平均ボーナス額33.6万円と年齢を追うごとに平均月収は上がるものの、支給される平均ボーナス額は下がる傾向にあります。

【非常勤】歯科衛生士の年収・給料・ボーナス解説!

正社員としての歯科衛生士の平均年収や給料、ボーナスについて解説しました。職場の種類や規模によって差が大きい正社員の歯科衛生士ですが、非常勤の歯科衛生士の場合の年収や給料はどうなのかを解説します。

【男性】非常勤歯科衛生士の年収・給料・ボーナス

賃金構造基本統計調査 の短時間職種別表によると、男性の歯科衛生士が短時間勤務をする場合の平均時給は約789円と非常に低賃金であることがわかりました。1日平均勤務時間は約7.5時間であるため、日給としては約5738円です。月に20日勤務するとして、平均年収は約142万円と一般的なアルバイトと比較しても安い傾向にあります。2002年に歯科衛生士法第2条が改正されるまで、歯科衛生士は女性のみが就ける職業であったことから、男性の歯科衛生士は非常勤で働く場合、低賃金となってしまっている可能性も否定できません。そのため、男性が歯科衛生士として働く場合、可能であれば正社員として働くことをおすすめします。

【女性】非常勤歯科衛生士の年収・給料・ボーナス

一方、同じ賃金構造基本統計調査 の短時間職種別表であっても女性が非常勤の歯科衛生士として勤務する際の平均時給は1583円と他アルバイトなどと比較してもやや高額な傾向にあります。また、女性の非常勤歯科衛生士では契約社員や派遣社員の求人もあるため、雇用形態によってはボーナスが発生することもあり、約6.15万円が平均支給ボーナス額として支給されることもあるようです。
平均就労時間は約5.3時間であるため、月に20日勤務した場合の年収としては約209万円であり、パートとして働く上ではまずまずの収入であると言えるでしょう。

求人情報から見る非常勤歯科衛生士の時給

求人ボックス給料ナビで募集されている求人データの統計によると、歯科衛生士のアルバイト・パートの平均時給は約1264円、派遣社員の平均時給は約1346円です。特に時給が高い傾向にあるのが大学病院、介護施設、ホワイトニング専門歯科などであるため、非常勤で歯科衛生士として働くのであればこれらの求人を探してみるのもよいでしょう。

【地方別】非常勤歯科衛生士の平均時給

非常勤歯科衛生士の平均時給がもっとも高いのは関東地方であり、アルバイト・パートで1333円、派遣社員で1601円と高時給での求人が多い傾向にあります。一方低時給での求人が目立つのが九州・沖縄地方であり、アルバイト・パートの平均時給は1056円です。北海道・東北・甲信越・北陸・中国・四国・九州・沖縄の各地方では歯科衛生士の派遣社員求人が非常に少ない傾向にあります。

歯科衛生士として年収を上げるためのヒント

国立病院などに勤務しない限り高年収を見込むのが難しい傾向にある歯科衛生士ですが、転職をせずに年収アップを目指すための方法として資格取得があります。本記事では、歯科衛生士の年収アップに役立ちやすい資格を5つご紹介します。

①認定矯正歯科衛生士の資格取得

EPARK歯科調査によると、新型コロナウィルス流行後に2020年3~10月に新規で「歯列矯正」の予約数は前年度よりも21%増えたということがが明らかになっています。マスク着用習慣により矯正を検討・開始する方が増えているため、矯正歯科の需要が高まっているのが現状です。

矯正歯科における歯科衛生士の仕事は矯正装置をつけた後の患者の口腔ケアやアドバイスを行うことです。認定矯正歯科衛生士の資格を保有していることは、矯正に関する専門知識や技能が熟練しており、アドバイスなどにも長けていることの証明になります。歯科矯正を扱う歯科医院・クリニックへの就職を考える方はもちろん、自由診療を扱う歯科医院・クリニックへの就職への強みとしても利用できるおすすめの資格です。

②歯周病学会認定衛生士の資格取得

成人の約8割が歯周病に罹患しているというデータがあることから、近年では歯周病治療に特化した歯科医院・クリニックの需要が増えてきています。歯周病学会認定衛生士は、歯周病に特化した歯科医院・クリニックに就職したい方におすすめの資格です。歯周病学会認定歯科衛生士として認定されると、歯周病への効率的かつ的確な対応ができ、予防に関する知識がある歯科衛生士であると証明されます。

歯科衛生士の求人に特化したJobMedleyでは求人情報の特徴で「歯周治療」を検索できる項目もあるため、歯周病学会認定衛生士の資格を取得すれば、歯周病を扱う高年収な歯科医院・クリニックでの就職を目指すことも可能です。

③インプラント専門歯科衛生士の資格取得

さまざまな歯科治療方法が増えている中、あごの骨に金属でできた人工歯根を埋め込み義歯をかぶせるインプラント治療の需要は年々増えてきています。インプラント治療は外科手術も伴うことから、より専門的な知識・経験が求められる治療です。自由診療で扱われることも多いインプラント治療を扱う歯科医院・クリニックの中ではインプラント専門として開院している歯科医院・クリニックも珍しくありません。

日本口腔インプラント学会によって認定されるインプラント専門歯科衛生士は、インプラント治療に関する知識と経験がある歯科衛生士であると証明できる資格です。歯科衛生士の求人に特化したJobMedleyでは求人情報の特徴で「インプラント」を検索できる項目もあり、求人月収も25万円以上も多いことから、一般的な歯科医院・クリニックより高年収を目指すこともできます。

④日本歯科審美学会歯科衛生認定士の資格取得

歯の白さや歯並び、歯の形など口腔内の美しさを高める歯科治療が増えてきている現在、年収アップを目指す歯科衛生士の方には日本歯科審美学会歯科衛生認定士もおすすめです。

自由診療として歯科矯正やセラミック治療を扱ったり、審美歯科や矯正歯科を標榜したりする歯科医院・クリニックも年々増えてきており、近年では歯のホワイトニングサロンの新規開院も増えてきているため、歯の見た目の美しさに特化した医療機関などの需要は高まっています。

これらの歯科医院・クリニックの求人は年収が高い傾向にあるため、これから年収アップを目指したい方や歯の美容に携わりたい方には日本歯科審美学会歯科衛生認定士の資格取得がおすすめです。

⑤ホワイトニングコーディネーターの資格取得

日本歯科審美学会(JAED)が認定するホワイトニングコーディネーターは、審美歯科やホワイトニング、デンタルエステなどを扱う歯科医院・クリニックへの就職を検討している歯科衛生士の方におすすめの資格です。ホワイトニングコーディネーターの資格を取得していると、ホワイトニングの基本的知識を習得している人材であり、ホワイトニングに関する適切な情報発信・普及・アドバイスができる人材であることを証明することができます。

ホワイトニングや審美歯科、デンタルエステを扱う歯科医院・クリニックの中には、ホワイトニングコーディネーターの資格を持った歯科衛生士がいることを強みにしているところもあるため、歯の美容に携わりたい方には日本歯科審美学会歯科衛生認定士と合わせておすすめの資格です。

まとめ

歯科衛生士の年収について詳しく解説しました。経験年数を追うごとに年収が上がりやすくなるものの、あまり高年収を狙いにくい傾向にあるという結果になりました。しかし、国立病院や公立病院、自由診療を扱う歯科医院・クリニックでは高年収を狙うことも可能です。そして、歯科衛生士の資格にプラスαで認定資格を取得すれば、高待遇の職場に転職することもできます。より高年収な歯科衛生士を目指すために、さまざまな就職先や資格を検討してみてください。

お役立ち資料