logo
お役立ち資料
新規CTA

整体で保険適用の治療を受けるには?保険適用になる治療から整体院選びのポイントまで解説!

「病院で治療を受けている不調が全然良くならない……。」「家事をしていて変な体勢を取って腰が痛くなった」そんな時に整体に行くかどうかを検討する方は多いのではないでしょうか。とはいえ、できる限り費用は安く済ませたいものです。そんな方におすすめなのが、保険適用で整体を受診することです。本記事では、保険適用で整体を受けるためにしっておきたい情報を解説いたします。

基本的に「整体」は主に民間療法を示す言葉

整体という言葉は一般的に「身体の不調を軽減・改善する主に手技で行われる民間療法や代替療法」のことを意味するものの、明確な定義はありません。とは言われても、民間療法という言葉にピンと来ない方も多いのではないでしょうか。そもそも民間療法とは何なのか、そして整体院はどういう定義なのかを解説します。

民間療法とは

民間療法は代替療法とほぼ同義で使われる言葉であり、病院などの医療機関で治療として導入されていない施術で身体の不調を和らげたり軽減したりする治療法です。Yahoo広告では気功、アロマテラピー、カイロプラクティック、タイ古式マッサージ、マッサージ(整体)などを民間療法として扱っています。民間療法として扱われる施術は法律に基づかない医業類似行為と呼ばれ医療行為ではないため、身体の不調を軽減するために施術を受けたとしても、保険適用にはなりません。

「整体師」は民間資格

整体院やカイロプラクティックサロンなどで施術してくれるスタッフは、基本的に国家資格を持っていないか民間資格を持っているかのどちらかです。「整体師」と呼ばれる資格は民間資格であり、整体師やカイロプラクター、セラピストなどの民間資格の相称としても使われています。国家資格を持っていない施術者による施術の場合には保険適用がされないため、整体師による施術を受ける際には自費診療のみとなるのが特徴です。

国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」は整体師と混同されやすい資格ではありますが、これらの資格保有者は整骨院や接骨院、治療院などで法律に基づく医業類似行為を行えるため、施術を受けた際に保険適用になることもあります。

「整体院」の定義

厚生労働省では整体における治療概念を「脊椎などの骨格を操作することによって身体の健康と正常な機能を回復させる」ものと考えていますが、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律では「医師以外の者であん摩、マッサージ若しくは指圧、はりまたはきゅうを業としようとする者は、それぞれあん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。」と記載されています。

同様に柔道整復師法では「医師である場合を除き、柔道整復師でなければ、業として柔道整復を行なつてはならない。」とも記載されているため、本来の整体の定義に則ると、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゅう師免許、柔道整復師のいずれかの国家資格を保有している方以外が行う指圧・マッサージは違法です。

そのため、各法律の定義に基づいた整体院の定義としては「国家資格保有者が施術を行う治療院」であると考えられます。あん摩マッサージ指圧や鍼灸、柔道整復師は法的には整体に含みませんが、手技による代替医療という意味合いで本記事ではこれらの施術を整体として解説いたします。

整体院での施術は保険適用される?

「国家資格保有者が施術を行う治療院」が整体院の本来の定義であると考えられると先述しましたが、では整体院の施術は保険適用されるのかがいまいち分からない方も多いかもしれません。整体院での施術が保険適用されるのかどうか、詳しく解説いたします。

「民間資格者の施術」では保険適用されない

カイロプラクティック、マッサージ、タイ古式マッサージ、アロマトリートメント、ツボ押しなどさまざまな施術がありますが、これらの資格は日本の国家資格保有者による施術ではなく、資格を持っていたとしても民間資格や日本国外の資格が多い傾向にあります。これらの施術は「法律に基づかない医業類似行為」に分類されるため。施術料金は保険適用外です。

日本国内の国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」「鍼灸師」「柔道整復師」の3ついずれかの資格を保有している方の施術を受ける時は、条件を満たした場合のみ施術料金が保険適用されます。

保険適用となる場合の治療費の支払い方法

条件を満たした場合に国家資格所有者の施術を受ける場合、治療費の支払い方法は2つに分類できます。

1つめは「償還払い」と呼ばれる支払い方法であり、保健受領者である治療を受けた本人が一旦治療費を全額立て替え払いする方法です。支払い後に本人が利用している保健によって市区町村の役所や保険協会に療養費として申請することで、保険適用となる1割から3割を引いた自己負担額が支給されます。

2つめは「受領委任払い」と呼ばれる支払い方法であり、治療を受けた当日の治療費支払いが最初から自己負担額のみになる方法です。受領委任払いは整体院が「受領委任の取り扱い」を地方厚生局に申請または導入の契約を締結している必要があり、受領委任を扱っている整体院でなければ償還払いをすることになります。

整体院で保険適用となるための条件

整体院で保険適用料金で施術を受ける場合、健康保険「療養費」の対象であることを認めてもらう必要があります。療養費の対象であることを認めてもらうためには「医師の同意書」が必要です。

今後通院しようとしている整体院から同意書をもらい、主治医や日頃通院している病院に同意書を持参して、必要事項を記入して貰ったら記入済の同意書を整体院に提出します。

無事記入済の同意書を整体院に提出できれば、今後整体院で受ける施術料金は保健適用されます。ただし、6ヶ月ごとに医師の同意が必要ですので、その点はご注意ください。

医師に同意書を貰うための条件

医師に整体院での治療をう受けるための同意書を貰うためには「一定期間医療機関で治療を受けていても効果が現れないこと」が必須条件です。医師による適当な治療手段がなかったり、症状が改善されていないと医師が判断した場合も対象となります。ただし、初診での同意書依頼は対象外であり、電話での再診による同意書の交付はできないため注意してください。

また、同じ疾病を対象として病院・整体院それぞれで治療を受ける場合、病院での治療が優先されるため、同一日に同じ疾病に対する治療を行った場合は整体院での治療費は保険適用外となります。

保険適用になる整体①あん摩マッサージ指圧

保険適用になる整体は大きく分けて3つあり、そのうちの1つが「あん摩マッサージ指圧」です。あん摩マッサージ指圧で保険適用になる症状や、保険適用外となる症状などについて解説します。

あん摩マッサージ指圧とは

あん摩マッサージ指圧とは、押し・引き・さすり・撫で・揉み・叩くなどの手技を用いて、患者さんひとりひとりの状態に合った刺激量を与えることで身体の不調や痛みを軽減・改善する施術です。あん摩は中国、マッサージはフランス、指圧は日本とそれぞれ別の国で生まれて発展した手技を組み合わせた施術であり、日本では「あん摩マッサージ指圧師」として国家資格を持つ方のみが提供できる施術でもあります。

あん摩マッサージ指圧で保険適用となる症状・疾病

あん摩マッサージ指圧を受ける上で保険適用となる症状・疾病としては「筋麻痺、片麻痺、筋拘縮」などを発症したことにより、関節可動域が制限されている状態が主です。関節の可動域拡大を促し、症状の改善・回復を目指す医療マッサージが保険適用されます。また、脳出血による片麻痺や神経麻痺、神経痛などの症状に対しても、医師の同意が得られる場合には保険適用で施術を受けることが可能です。

あん摩マッサージ指圧で保険適用外となる症状・施術

あん摩マッサージ指圧を受ける場合、疲労回復や慰安を目的とした施術や疾病予防のための施術は保険適用外です。また、病院や接骨院などで同じ疾病に対して治療を行っている場合も保険適用外となります。捻挫や打撲など外傷性の痛みの緩和目的の施術や、仕事中の怪我・障害なども健康保険の対象外です。

保険適用になる整体②鍼灸

保険適用になる整体の2つめが「鍼灸」です。そもそも鍼灸とは何なのかというところから、整体として受ける鍼灸ではどんな症状が保健適用になるのかを解説します。

鍼灸とは

鍼灸は「鍼治療」と「灸治療」を合わせた総称であり、はり師ときゅう師それぞれの資格を両方持っている方は鍼灸師と呼ばれます。鍼治療は鍼と呼ばれる専用の治療具を使い、身体の表面にあるツボや筋肉などに対して治療を行い、身体の不調などを改善します。灸治療は艾(もぐさ)を利用して、身体の表面にあるツボを温める温熱刺激で不調の改善や回復を目指す治療です。

鍼灸で保険適用となる症状・疾病

整体院で鍼灸を保険適用の治療として受ける場合、対象となる疾病としては神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症などが挙げられます。神経痛は、頚腕症候群、腰痛症は病気の範囲が広く、身体のあらゆる場所の慢性的な痛みに適用されます。リウマチや五十肩は病院で診断されたものに限り、頸椎捻挫後遺症はむち打ち症の後遺症として診断されたものが対象です。また、その他痛みの整形外科疾患も対象になるため、自分の症状や疾病が対象となるかどうかは、整体院や医師と相談しましょう。

鍼灸で保険適用外となる症状・施術

整体院で鍼灸を受ける場合、神経痛、リウマチ、五十肩、頸腕症候群、腰痛症、頸椎捻挫後遺症以外のほとんどの疾病は保険適用外であり、ヘルニアなども対象外です。日常的な疲労の回復や疾病予防、慰安目的での施術や外傷性の痛みも保険適用外となります。なお、あん摩マッサージ指圧と同様に同じ疾病に対して病院や接骨院などで治療を受けている場合も保険適用外です。

保険適用になる整体③柔道整復

保険適用になる可能性が高い整体の3つめが「柔道整復」です。柔道整復という単語に聞きなれない方も多いのではないでしょうか。そもそも柔道整復って何?というところから、どんな症状が柔道整復で保険適用となり、どんな症状が保険適用外となるのかを解説しますj。

柔道整復とは

柔道整復は接骨院や整骨院で働く方が行う、捻挫や打撲、骨折、脱臼などの治療や運動療法、運動指導を行い健康をサポートする治療法です。注射や投薬をせず然治癒力へ働きかけ、麻酔や投薬、レントゲンや手術などを使わず、患者と協力しながら治癒へ向かわせるのが大きな特徴として挙げられます。

筋肉や筋の緊張を緩めたり、様々な刺激を与えて組織を活性化したりなど、患者の症状に合わせて治療方針を立て、治療過程での状態を観察して身体の不調を改善する治療でもあります。柔道整復の国家資格「柔道整復師」を取得した方のみができる治療法です。

柔道整復で保険適用となる症状・疾病

柔道整復を受ける場合において保険適用となる症状・疾病としては「医師の同意がある」骨折・脱臼の施術、応急処置で行う骨折・脱臼の施術、外部要因による捻挫・打撲・挫傷があります。外部要因による捻挫・打撲・挫傷の例としては以下のようなものがあり、外部要因による捻挫・打撲・挫傷の際には医師の同意書は不要なことがほとんどです。

  • 子どもを抱っこした時に背中に激痛が走った
  • ゴルフで腰が痛くなった転んだ時についた手首が腫れている
  • 運動中に足首を捻挫した
  • 自転車での転倒打撲をした
  • 家具移動をした際に腰を痛めた

柔道整復で保険適用外となる症状・施術

柔道整復を受ける上で保険適用外となるのは「医師の同意がない」骨折・脱臼の施術、日常生活からくる疲労や肩こり、体調不良の改善目的の施術、神経痛やリウマチ、ヘルニアなどの疾病から発症している痛みなどを改善する施術、原因不明の違和感や痛み、交通事故の後遺症、スポーツによる筋肉疲労や筋肉痛、産後の骨盤矯正などがあります。なお、整形外科や外科などの病院で同じ箇所・疾病に対する治療を同時並行で受けている場合も保険適用外です。

整体院の選び方

保健が適用される整体を3つご紹介しました。しかし、自分に合った整体がどれで、どの整体院に行けばいいか分からない方もいるのではないでしょうか。最後に、自分に合った整体院を選ぶためのポイントを5つご紹介します。

①自分の目的に合った整体院かどうか

まずは整体を受けることで、どんな不調を改善・回復したいかを整理しましょう。麻痺を伴う不調にはあん摩マッサージ指圧、神経痛やリウマチ、腰痛症には鍼灸、日常生活における怪我や骨折・脱臼の場合には柔道整復とそれぞれで保険適用となる施術は異なります。疾病を原因とする不調の場合、医師ときちんと治療方針や治療内容について話した上でどの整体を受けるかを検討しましょう。

②担当者が固定であるかどうか

病院であれば毎回同じ医師に診察を受け続け、よほどのことがない限りは医師が変わることはないでしょう。患者さんの体調や不調具合、生活環境はひとりひとり異なるため、患者さんの状況や環境を把握するには、複数回以上の受診が必要です。それは病院だけではなく整体院も同じです。

複数回同じ担当者から施術を受けることで患者の状態をしっかりと把握することができるため、きちんと自分の状態や症状を把握して向き合って欲しい方は担当者が固定かどうかをチェックしておきましょう。

③治療費を明確にしているかどうか

治療費がホームページなどに掲載されていなかったり料金説明がなかったりする整体を受けると、思ってた以上に高額な治療費を請求されることも珍しくありません。整体院によって基本料金や治療部位数、治療時間などさまざまな料金形態があります。保険適用で受診するとはいえ、高額な治療費はできれば請求されたくないものです。ホームページなどできちんと料金表が掲載されていたり、初診の時にきちんと料金形態を説明してくれる整体院を選びましょう。

④口コミや患者の評価が高いかどうか

整体院は各地域に多数根付いており、どの整体院にしたらいいのか分からない程の通院先候補があるという方もいると思います。そんな時に通院先を選ぶ基準の1つにできるのが、自分と同じような症状や不調で整体を受けて、実際にどんな効果があったか、改善したかのレビュー・口コミです。ポータルサイトやGoogleマップでの口コミ・評価はもちろん、各整体院のホームページに掲載されている患者さんの直筆アンケートなどを参考にしてみるのも整体院を選ぶポイントです。

⑤説明やアドバイスがきちんと行われているかどうか

整体院で受ける施術は、どれも国家資格を保有している担当者が行う専門的な知識をもとに行われる施術です。そのため、治療を受けていく中で分からないことも出てきたり、日常生活で注意すべきことを知りたかったりすることもあるでしょう。とはいえ、なかなか疑問や不安を聞きにくいと感じる方もいるとは思います。基本的に整体ではどんな施術をするのかの説明やアドバイスを行うことがほとんどですが、不安や不明点がない状態で施術を受けられるよう丁寧に説明やアドバイスを行ってくれる整体院を選ぶのがおすすめです。また、疑問が出てきた時に質問できる、コミュニケーション能力に優れた担当者を選ぶのもおすすめします。

まとめ

整体を保険適用で受けるにはどうしたらよいのかを解説しました。一般的な整体と言われるマッサージなどは保険適用外ですが、あん摩マッサージ指圧、鍼灸、柔道整復の3つは医師の同意書さえあれば保険適用で受診することができます。自分の症状や不調に合った整体院を把握した上で、ご紹介した整体院を選ぶポイントを参考にして自分に合った整体院への通院をしてみてください。

 

お役立ち資料