logo
お役立ち資料
新規CTA

あん摩マッサージはどんな施術が保険適用になる?請求方法もご紹介

あん摩マッサージ指圧師としての独立を考えているなら、まずは開業する前にどのような施術が保険適用になるのか知っておくことが大切です。

今回はあん摩マッサージが保険適用となるケースや、保険適用の施術を行った際の請求方法などについてご紹介します。

保険適用となる施術ケースに関して知識が曖昧になっている方や、今後独立開業を予定している方はぜひ参考にしてみてください。

あん摩マッサージとは

あん摩マッサージと健康保険について解説する前に、まずはあん摩マッサージとは何か今一度おさらいしておきましょう。

あん摩マッサージとは「あん摩マッサージ指圧」と呼ばれる手技療法のことで、厳密には1つの手技ではなく、あん摩・マッサージ・指圧とそれぞれ手技が異なります。

あん摩

あん摩は中国で生まれた手技療法で、日本に伝わってきたのは奈良時代とされています。

東洋医学の知識に基づき、器具や投薬は使わず、押す・なでる・たたく・揉む・さする・引っ張るなどの手技を用いて施術を行うのが特徴です。

基本的には遠心性の手技であるため、施術は身体の中心となる心臓から手足にかけて行なわれます。

患者さんの身体に刺激を与えることで血行を改善し、疲労や肩こり、腰痛、めまいなどの不調を和らげます。

マッサージ

マッサージはヨーロッパ発祥の手技療法です。

主に衣服の上から施術を行うあん摩・指圧と異なり、マッサージはオイルやパウダーを使って皮膚に直接刺激を与えます。

また、あん摩と反対の求心性の手技であるため、施術は身体の末端から中心にかけて行なわれるのも大きな特徴です。

血液やリンパ液の流れを良くすることにより新陳代謝を促進し、循環器系や消化器系などの不調を和らげます。

指圧

指圧は明治時代の末期から大正時代にかけての日本で誕生した施術です。一説ではあん摩の手技の1つである「圧迫法」に柔道の活法などの要素が加わり、独自に発展を遂げたものとされています。

文字通り、親指や手のひらを用いて行われる手技で、器具は一切使いません。

強く押したり、ゆっくり押したりして体表に圧を加え、身体の不調の改善や健康維持などを図ります。

指圧はあん摩やマッサージと比べると非常にシンプルな施術ですが、圧の強さや角度、速さ、回数などを調整することにより、さまざまな症状に対応させることができます。

あん摩マッサージの保険請求は医師の同意が必要

あん摩マッサージ(あん摩マッサージ指圧)は国家資格が必要とされる施術であるため、保険適用の対象となっています。

ただし、保険適用となるあん摩マッサージの施術を行うには医師の同意が必要です。

医師が交付する施術への同意書がない場合、患者さんは施術料を全額自己負担しなくてはなりません。

また、継続的に保険適用であん摩マッサージの施術を行う場合は、6ヵ月ごとに医師の同意書が必要です。あん摩・マッサージ・指圧の変形徒手矯正術の同意書に関しては、有効期限が1ヵ月間となります。

同じ国家資格である柔道整復師と異なり、あん摩マッサージ指圧師は自身の判断で保険請求の手続きを行うことができません。

保険適用のあん摩マッサージを行う際は、必ず施術の前に医師の同意書を確認しましょう。

あん摩マッサージが保険適用となるケース

あん摩マッサージが保険適用となるのは、主に患者さんが「筋麻痺」「筋萎縮」「関節拘縮」などの症状を患っている場合です。

これらの症状によって関節の可動域が制限されており、症状改善のためにあん摩マッサージが必要と医師が判断した場合に保険適用となります。

具体的には脳梗塞、脊髄損傷、頚椎損傷などの後遺症、あるいは廃用性筋萎縮やパーキンソン病などによって関節の動きが悪くなったり、筋肉が麻痺して思うように動けなくなったりした際に保険が適用されます。

あん摩マッサージが保険適用とならないケース

肩こりや腰痛をはじめとした日常の疲労回復、慰安目的、捻挫や打撲による痛みの緩和などに対しては保険適用の対象外です。

加えて、自宅での施術(往療)に関しては、患者さんが病気やケガによって自宅静養している場合や外出が制限されている場合のみ保険適用の対象となります。

自宅から施術所までの距離が遠い、通うのが面倒などの理由で訪問マッサージを利用しても保険適用とはなりません。

保険適用のあん摩マッサージを行うための準備

あん摩マッサージ指圧師として独立開業する際は、「施術所開設届」の手続きが必要となります。

また、健康保険を取り扱う場合は、厚生局で保険請求開始の手続きも行わなくてはなりません。

ここでは保険適用のあん摩マッサージを行うために必要な準備について解説します。

施術所開設届の手続き

施術所開設届とは保健所から交付される届出書のことです。

承認を受けるには、指定の書類に記入を行い、院内の平面図や付近の地図、あん摩マッサージ指圧師免許の写しなどの必要書類を添付して提出する必要があります。

この時、指定の書類を2部提出することで、立ち会い検査後に「副本」と呼ばれる控えが1部戻ってきます。

施術所開設届の副本は保険適用のあん摩マッサージを行うにあたって厚生局に必ず提出を求められるため、保健所で手続きを行う際は忘れずに写しを発行してもらいましょう。

金融機関から融資を受ける際も施術所開設届の副本が求められる場合があるため、万が一に備えて書類を3部提出し、2部手元に戻してもらうと安心です。

施術所開設届の手続きを行う際の注意点

施術所開設届の手続きは開設後10日以内に済ませておかなくてはなりません。

保険適用のあん摩マッサージを行うのであれば、開設後すぐに施術所開設届を提出し、厚生局での手続きを済ませることが必要です。

ただ、この流れで手続きを行うと、開設直後から手続きを終えるまでの期間は実費施術となってしまいます。

オープン初日から保険適用の施術を行いたい場合は、開設してから手続きを終えるまでの期間をプレオープン期間とし、その間に準備を進めていくという方法もあります。

保険請求開始の手続き

保険請求を開始するには、契約記号番号の取得が必要となります。契約記号番号とは、受領委任制度を利用する際に必要となる番号のことです。

社団法人の会に所属している方は団体協定と呼ばれる形式になりますが、個人の方は個人契約を行う必要があります。

個人契約の場合は厚生局でもらえる申請書類に必要事項を記入し、施術所開設届の写しやあん摩マッサージ指圧師免許の写しなどを添えて手続きを行います。

保険請求開始の手続きを行う際の注意点

健康保険の取り扱い開始は、厚生局に必要書類を提出し、契約記号番号を取得した日からとなります。

保健所で施術所開設届の手続きを済ませても、契約記号番号の取得をしないうちは保険適用の施術を行うことができないため、今後独立開業を予定している方は注意が必要です。

保健所での手続きと厚生局での手続きを別日に行っても、厚生局での手続きが完了すれば開業日まで遡って受領委任の承諾が得られるものだと思っている方も多いかもしれませんが、保健所と厚生局は健康保険の取り扱いに関して連携していません。

開設後、すぐに保険適用のあん摩マッサージを行えるようにしておきたいと考えている方は、保健所の手続きが終わり次第、すぐに厚生局での手続きも済ませておきましょう。

あん摩マッサージが保健適用となる場合の支払い

保険適用であん摩マッサージの施術を行う場合は、「償還払い」「受領委任払い」のいずれかで施術料を請求します。支払い方法は健康保険組合により選択されています。

償還払い

償還払いは患者さんが先に施術料を全額支払い、後日健康保険組合へ支給申請を行うことで保険給付分が払い戻される制度です。

施術者は患者さんに施術料を請求するだけですが、患者さんにとっては負担が大きく不便な制度といえます。

受領委任払い

受領委任払いは平成31年1月1日から導入された制度で、施術者が患者さんに代わって療養費支給申請書を作成、健康保険組合へ提出する請求方法です。

患者さんに施術料の全額を請求する償還払いと異なり、受領委任払いは医療機関での診察と同じように施術料の一部を受け取ります。

施術者の仕事は増えますが、受領委任払いを選択することによって患者さんの経済的負担や事務的な労力を減らすことができます。

受領委任払いを行う際は厚生局で契約記号番号の取得が必要となるため、開業したらすぐに手続きを済ませておきましょう。

まとめ

あん摩マッサージが保険適用されるケースは、患者さんが「筋麻痺」「筋萎縮」「関節拘縮」などの症状を患っており、かつ症状改善にあん摩マッサージの施術が必要と医師が同意している時のみです。

このように見ると保険適用となるケースが非常に少ないように感じますが、リハビリ施設や老人ホームなどでは近年、保険適用のあん摩マッサージ需要が徐々に高まってきています。

施術所の開設を考えている方はもちろんですが、出張施術を視野に入れて独立開業を目指している方はとくに保険適用の施術を行えるように準備を進めておくのがおすすめといえるでしょう。

お役立ち資料