logo
お役立ち資料
新規CTA

柔道整復師が目指せる機能訓練指導員とは?仕事内容・将来性・キャリアパスを解説

柔道整復師の資格を保有していると目指せる機能訓練指導員。怪我や病気などで支援が必要な要介護者に対して、機能訓練・リハビリなどを行うお仕事です。柔道整復師を取得した人の中には、機能訓練指導員を目指している方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、柔道整復師が目指せる機能訓練指導員について「仕事内容」「将来性」「キャリアパス」の3つをご紹介します。ぜひ機能訓練指導員を目指している方は、最後までご覧ください。

目次

1.柔道整復師が目指せる機能訓練指導員とは?

2.機能訓練指導員の将来性は?柔道整復師から目指すべきか

3.柔道整復師から目指す機能訓練指導員のキャリアパス

4.まとめ

1.柔道整復師が目指せる機能訓練指導員とは?

そもそも柔道整復師が目指せる機能訓練指導員とは一体どのようなお仕事なのでしょうか?まずは機能訓練指導員の仕事内容・主な就職先・目指す方法・平均年収をご紹介します。

仕事内容はリハビリの「指導」と「考案」

機能訓練指導員の主な仕事内容は、介護が必要な人に対して「リハビリの考案」と「リハビリの指導」をすることです。1人1人の心や身体の状態に合わせて、機能訓練やリハビリを行い、日常の動作をできるだけ自身で行えるようにサポートします。そのほか、介護の必要度が高まらないように指導を行い、要介護者が1人で日常動作を行えるよう支援するお仕事です。

例えば、足や腰に不調があり、1人でトイレに行けない要介護者の方であれば、まずはなぜ行けないのか不調の原因を分析します。原因を分析したあとは、どのような機能訓練・リハビリを行えば良いかプログラムを考案し、実際に指導を行います。

今回はひとりでトイレにいけないケースを例にとりあげましたが、立つ・座る・歩くなど要介護者の回復したい機能はさまざま。1人1人の心身の状態に寄り添いながら、機能訓練・リハビリを行うことが機能訓練指導員の役目となります。

主な就職先は「介護福祉施設」や「要介護者向け医療施設」

機能訓練指導員の主な就職先は「介護福祉施設」や「要介護者向け医療施設」など、要介護者がいる施設です。例えば「介護福祉施設」であれば、「特別養護老人ホーム」「通所介護施設」「短期入所生活介護施設」などがあり、運動時間・レクリエーションなどを通して機能訓練回復を行います。

また、施設によっては、介護などの補助業務、送迎などの業務をするケースも少なくありません。基本的には機能訓練・リハビリに関する業務がメインですが、場合によっては業務範囲が広くなることもあります。

一方、「要介護者向け医療施設」であれば、「介護療養型医療施設」「病院併設型リハビリステーション」「介護老人保険施設」などがあり、こちらも同様に要介護者の機能訓練回復を目指します。「要介護者向け医療施設」の方が、「介護福祉施設」よりも重度の障害を抱えている方が多い傾向にあり、機能訓練回復を通して在宅復帰ができるよう指導しなければなりません。

目指すためには医療系国家資格が必要

機能訓練指導員になるためには医療系国家資格が必要です。必要な医療系国家資格は、以下の通りです。

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 看護師
  • 柔道整復師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師・きゅう師

上記医療系国家資格を所持している場合、機能訓練指導員を目指せます。ただし、はり師・きゅう師の場合は、「理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師又はあん摩マッサージ指圧師の資格を有する機能訓練指導員を配置した事業所で6月以上勤務し、機能訓練指導に従事した経験を有すること」と決められているため注意が必要です。

機能訓練指導員の平均年収は341万円程度

機能訓練指導員の平均年収は、2022年4月23日更新の求人ボックス給料ナビを参照してみると、341万円となっています。令和2年9月に国税庁が報告している日本の平均年収をみてみると436万円なので、機能訓練指導員の平均年収の方が95万円ほど低い結果に。

また、柔道整復師がなることの多い整骨院従業員の平均年収は382万円となっており、機能訓練指導員よりも高い傾向にありました。ただし整骨院は人によって年収幅が広く、下は280万円から上は589万円となっており、スキルによって差があると予測できます。

一方、機能訓練指導員は下が241万円、上は484万円となっており、整骨院で働く場合よりもスキルによる差が少ないと言えるでしょう。自分のスキルを磨き年収をアップさせたい人は整骨院。スキル差に関わらず働きたい人には、機能訓練指導員が向いていると言えます。

2.機能訓練指導員の将来性は?柔道整復師から目指すべきか

整骨院・接骨院で働くイメージが強い柔道整復師。整骨院・接骨院なら世間の健康意識の向上により今後ますます需要が伸びるように考えられますが、対する機能訓練指導員は将来性があるのでしょうか?ここからは、機能訓練指導員の将来性について3つの観点でご紹介します。

高齢化社会に伴い機能訓練指導員の需要が増加傾向にある

機能訓練指導員の需要は、要介護者の対象となりやすい高齢者が増加傾向にある日本において、日々高まり続けています。2021年9月15日の総務省統計局のデータによると、65歳以上の高齢者人口は3640万人。

前年の3618万人と比較すると、22万人増加しており、過去最多の増加だと報告されています。高齢者が増加すると同時に、心身に不調を抱える要介護者の増加も予想されるため、機能訓練回復を支える機能訓練指導員の需要も増加すると予想されます。

要介護者の増加に伴い介護業界は人手不足

高齢者の増加に伴い要介護者が増え、介護業界は人手不足に悩まされています。厚生労働省が発表している「介護分野をめぐる状況について」によると、要介護認定者は2000年4月末で218万人だったのに対し、2019年4月では659万人と約3倍にまで増加。

一方、介護職員数は183.3万人と要介護者に対しての人材が大きく不足しています。当然、機能訓練指導員の数も少ないため、介護業界では貴重な人材。介護業界は「人手不足」「長時間労働」というイメージが強い分、常に人手不足になりがちです。従って、機能訓練指導員は今後も需要が高まり続ける業種として重要な位置に存在しています。

配置が義務付けられている施設もあり無くてはならない職種

実は機能訓練指導員は施設によって配置が義務づけられている職種です。配置が義務付けられている主な施設は下記をご参照ください。

  • 通所介護
  • 短期入所生活介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 特定施設入居者生活介護
  • 介護老人福祉施設

高齢者の増加や要介護者が増え続けることにより、今後介護サービスの増加も予測されます。そんな時、配置が義務付けられている機能訓練指導員の採用が必須となるため、無くてはならない職種だと言えます。

3.柔道整復師から目指す機能訓練指導員のキャリアパス

これから需要が伸び、将来性がある機能訓練指導員。しかし、機能訓練指導員として「介護福祉施設」や「要介護者向け医療施設」で働いた後に、どのようなキャリアを描けるのか気になりませんか?そこで最後に、機能訓練指導員のキャリアパスについて、ご紹介します。

介護施設の主任・施設長を目指す

「介護福祉施設」や「要介護者向け医療施設」で経験を積んだあとは、主任や施設長などの役職を目指せます。気になる給与は、「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」を参照にしてみると、主任・リーダー・サブリーダーなどを含む管理職の月平均給与額は343,840円。管理職ではない介護従事者の308,370円と比較すると35,470円もの差があります。

また、月の平均給与額を元に管理職の年収を計算してみると、賞与を加味しなくても400万円を超えることが分かりました。機能訓練指導員の平均給与額341万円と比較してみると、主任・施設長を目指すことにより年収アップできることは間違いありません。

独立開業をする

柔道整復師には開業権があるため、機能訓練指導員として働いたのちに開業して、自身で経営することも可能です。

もちろん開業するのは「介護福祉士施設」のみではなく、整骨院・接骨院としても開業できます。自身で経営を行うことは、集客を行ったり、経営戦略を練る必要があるなど大変な面も多いですが、成功した時の収入アップは非常に大きなものです。まずは機能訓練指導員として経験・スキルを積み上げ、最終的に独立まで視野に入れながら日々の仕事に臨みましょう。

専門家として活躍する

機能訓練指導員として働き、知識や経験を深めることで、講師・スポーツ指導など専門家として働くことも可能です。機能訓練指導員は、日々要介護者の心身の回復に努めるため、「どんな運動メニューが良いか」「どうしたら不調の改善を目指せるのか」などの知識が深まります。また実際に改善した例などを元に、専門家として自身の経験を発信することも可能でしょう。

最終的には、健康に関わるセミナー講師として働いたり、スポーツ選手の機能回復・運動指導なども行えるため、行える仕事の幅も広がります。

4.まとめ

機能訓練指導員は、人材が不足している介護業界に無くてはならない存在です。

高齢化社会により要介護者が増加することや、施設によって機能訓練指導員の配置が義務づけられていることを踏まえると、将来性もあり重要なポジションで働き続けられます。柔道整復師を取得後に機能訓練指導員を目指している人は、ぜひ1つの進路として検討してみてくださいね。

 

【こちらの記事もおすすめ】

柔道整復師として働くデメリットとは?克服方法やメリットも解説

柔道整復師の平均年収は? 年収をあげるポイント・将来性も解説

お役立ち資料